派遣総合サイトってなに?

今回は、人材派遣会社と派遣総合サイトの違いについて、調べたいと思います!
あまり聞きなれない派遣総合サイトですが、一体何をしているの?
普通の派遣会社とは何が違うの?
そんな疑問に今日は、派遣業界に詳しいスペシャリストである派遣の博士をお呼びしたいと思います。


博士~~!
「派遣総合サイト」について、色々と聞きたいことがあります。
今日も沢山質問したいと思いますので、よろしくお願いしま~す。

博士:
ふぉふぉふぉ。わしが派遣の博士じゃ。派遣について分からないことがあれば何でも聞いてくれてかまわんぞ。
博士ありがとう~。それでは早速なんだけど、派遣会社と派遣総合サイトの違いは何?
博士:
皆も知っての通り、「派遣会社」というのは、そなたら派遣スタッフさんにお仕事を紹介しておるぞよな?
つまり、人材を探している企業と、働き口を探している個人の橋渡しをしているのが派遣会社というわけじゃ。
続いて「派遣総合サイト」というのは、いろんな派遣会社が取り扱っている仕事情報を取りまとめてインターネットで紹介しているサイトの事を指すのじゃ。
大手から中小まで各派遣会社が持っている求人情報を集めてくるので、探す人にとっては沢山の仕事情報から比較できる嬉しいメリットがあるんじゃ。
しかも各派遣会社に登録しなくても探せるので、普段探す機会のない中小の派遣会社が扱う掘り出し案件も、見つかる可能性が出てくるのじゃよ。

へぇ~。なんだか良いことづくしですね。では実際に派遣総合サイトはどんなものがあるの?
博士:
そうじゃな。大手でいうと
リクナビ派遣
はたらこねっと
の2社じゃな。
リクナビ派遣
今回はYahoo!とも連携している大手である「リクナビ派遣」を例に質問に答えてみたいと思うぞよ。

わかりました!リクナビ派遣と言えば、確かリクルートさんが運営する総合情報サイトですよね?一体どんなサイトなんですか?
博士:
まず一番の特徴は、全国にある数百社の派遣会社の求人情報がこのリクナビ派遣に毎日集まってくることじゃな。
続いて、リクナビ派遣のような派遣総合サイトは派遣会社と派遣スタッフさんの間に入る立場ということもあり、片寄りのない中立的な情報を配信している点も信頼性において安心できるんじゃ。

だんだん派遣総合サイトについてわかってきたわ。
博士は本当に詳しいみたいだから、ついでに他の事も聞いちゃおっと。

利用方法について

リクナビ派遣に掲載されているお仕事に興味があるんだけど、どうやって紹介してもらうの?
博士:
リクナビ派遣のような総合情報サイトというのは、直接お仕事を紹介してはいないんじゃ。
あくまで派遣会社の求人情報を取りまとめているのであって、実際の紹介は掲載している派遣会社からになるんじゃよ。
つまり、リクナビ派遣に掲載されているお仕事にエントリー(応募)すると、
その情報が仕事を取り扱っている派遣会社にも同時に送信され、その情報を見た派遣会社がユーザーの皆に登録会の案内を送るという流れになるんじゃ。
そして、本登録からお仕事を紹介してもらうまでの流れは各派遣会社ごとに異なるので、各派遣会社のステップに沿って紹介してもらう事になるんじゃよ。

実は私、これから初めて派遣スタッフになろうと考えているんだけど、最初に知っておいた方がよいことってあるの?

博士:
派遣スタッフの立場、派遣会社と就業先がどのように付き合っているのか、といった仕組みや派遣の成り立ちについては知っておいた方がよいと思うぞ。
やはり派遣という働き方にもメリット・デメリットはあるので、そこを理解した上で派遣をやるかどうか決断する事が重要なんじゃ。
また、派遣は不安定といわれる面もあるが、逆に契約が決まっている利便性もあるぞ。
半年後に留学が決まっている方や、お子さんがいる方など、期間や時間を決めてフレキシブルに働くことができるんじゃ。
そういう意味で、自分がどういうメリットを派遣に求めているのか、ある程度イメージできていないと、急に契約が終わってしまうリスクもあるので注意するんじゃぞ。
子育てを大事にしたいから派遣とか、未経験だけど経理にチャレンジしてみたいから派遣とか、自分がどういうメリットを活かすのかリスクを加味した上で始めることが大事じゃ。

わかりました。気を付けます!あとは、どんな人が派遣として働いている人が多いんですか?
博士:
そうじゃな~。事務系の職種では女性の割合が多いのだが、総務省統計局の発表では派遣労働者のうち3~4割前後は男性という数字も発表されておるんじゃ。
職種によっても比率は異なるんじゃが、製造業、軽作業、営業なんかは比較的男性に好まれているのぅ。
じゃあ、派遣さんの多い年代は?
20代後半から30代前半が一番多いぞ。
新卒で派遣という仕組みもあるんだが、一度就職をしてから、2つ目、3つ目の仕事として派遣にチャレンジする方が実際は多いんじゃ。

これから派遣をはじめる方

先ほど博士が派遣で働くメリット・デメリットをしっかりと理解することが大事って言ってたけど、簡単に教えてよ!
博士:
リクナビ派遣のWEBサイトに派遣スタッフさんの疑問を解決する
派遣完ペキガイド
というコンテンツが丁度うまくまとめられているので、そちらを参考にしてみてはどうじゃ。メリット・デメリットに限らず他のコンテンツも参考になると思うぞよ。

メリット・デメリットは理解できたんだけど、やっぱり心配だな・・・。派遣に向く人、向かない人ってあるのかな?
派遣という働き方については、多くの人が向くと思うぞ。
向かない人は、個人的な意見になるんじゃが、スキルの有無とかではなく、条件が厳しい人なんだと思うぞ。
例えば、家から5分以内で時給2000円以上など、相場の条件と離れてしまっていると、なかなか派遣の仕事には就けないんじゃ。
また、大きなプロジェクトのリーダーのような責任ある仕事を積極的に志望されるタイプの方も、派遣として働くのは合わないというのはあるんじゃないかのぅ。

職場が変わる事もあるので、最低限のコミュニケーション能力は必要なのと、
スキルアップは自分で積極的に行っていかんと、職種を変えるのが難しくなるので、派遣会社が用意しているOAスクール等を積極的に活用していく事も重要じゃな。

お仕事について


派遣のお仕事(求人数)はどのように変化していますか?
博士:
派遣の仕事件数は、ご時世とともに変動するんじゃ。簡単に言えば景気と連動するんじゃ。
2008年の金融危機では、仕事を求める人は変わらずに推移していたのに、仕事の数が圧倒的に少ないが為に、競争率が非常に高くなっていた事は否めないのぅ。
リクナビ派遣の例でいうと、2008年11月の全国の求人数は3万件ほどじゃったが、その1~2年前であれば5万~6万件はあったので、景気に大きく左右されてしまうのが派遣の特徴じゃ。

リクナビ派遣でエントリーされている人気のお仕事は?
博士:
リクナビ派遣では職種を○○系と6つのカテゴリに分けているが、その中ではオフィスワーク系が圧倒的に人気のようじゃ。
その中でも一般事務、営業事務が特に人気だが、もともと事務職の件数が多いので派遣=事務という認識もあると思うぞ。
中にはあこがれの職種として秘書や、経理、総務といった専門性の高い職種も人気があるみたいじゃな。

持っておくとオススメ・有利なスキルや資格はあるの?

博士:
資格は有利と言われるんじゃが、仕事上で本当に有利なのかというとグレーな所もあるんで、始めは業務経験をみられると思うぞよ。
ただ、同じ2年くらい経理の経験があるAさんBさんがおったとして、片や簿記2級を持っており、片や持ってないとなった場合、
資格を持っている方が有利となるケースもあるんじゃないかのぅ。
じゃあ、仕事を紹介してもらいやすくするコツなんかは?
博士:
派遣会社さんの講座を積極的に受けるなど、スキルを身につけることじゃったり、
条件に柔軟性を持たせると派遣会社も一番仕事を紹介しやすくなるんじゃ。
先ほどの例じゃないが、「家から5分で時給2000円はゆずれません」ではなかなか仕事の紹介は無いと思う。
「1600円あると良いけど、勤務時間が短い方が良いので、1400円までならゆずります」といったように、優先順位と譲れる幅(職種の幅、時給の幅、勤務地の幅)を持っていると派遣会社も紹介しやすいし、選択の候補も広がるんじゃ。

全体的に仕事量が増える時期はあるの?
新学期の手前の2月、3月であったり、秋でいうと8月末~9月じゃな。

リクナビ派遣について!

今回、博士が例に出して説明してくれたリクナビ派遣だけど、強みとか、他社との違いは何?

博士:
説明上、イメージしやすいよう例を出したのじゃが、やはり強みは派遣総合サイトであることじゃのぅ。
また特定の派遣会社とは違い、中立的な立場でコンテンツを作れるところにもあると思うぞ。
競合との違いでは、全国展開している点でエリアの網羅性は他社よりも広いので利用しやすいのもメリットじゃな。

リクナビ派遣のお仕事情報はどのように集めて掲載しているの?
博士:
各派遣会社の求人情報が掲載されとるが、掲載されている件数は派遣会社によって違うんじゃ。
これは載せる件数によって金額が違うので、派遣会社によって契約が違うってことだ。
なので、求人の内容についても各派遣会社が、効率よく応募を増やす為にどの求人を掲載するか決めているんじゃ。
募集終了になってしまった案件など情報の鮮度は?
博士:
システム上では1日に10時、14時、18時の3回更新しているようじゃな。
基本的な流れは、はじめに新着として案件の掲載が開始され、応募者が決まれば掲載をおろすというのが基本じゃ。
定員の多い大量募集の場合や、応募が多くてもなかなか決まらない場合は、しばらく掲載が続くケースもあるぞ。
人気の仕事の場合は最短で10時、14時、18時更新の4時間更新の間で消えてしまうものもあるようじゃの。
更新は毎日行われているの?
博士:
システムの更新は行われているが、求人情報の更新は派遣会社にもよるみたいじゃな。
ただし、基本は毎日更新してるとのことじゃぞ。
何万件と掲載されている中で、情報の正確さであったり精度は信頼できるの?
博士:
リクナビ派遣の会員限定の機能で、特定の求人情報に対して掲載内容と実際が異なる場合に報告できる機能があるんじゃ。
エントリーした会員から、終了している求人などの情報が随時寄せられて、それを各派遣会社へフィードバックするようにしているようじゃぞ。
ただし、数百と求人を掲載している派遣会社が、全てのデータを完璧にリアルタイムで管理できるかというと、時差が出てしまう事も考えられるんじゃないかのぅ。

博士ありがとう


今回は、なかなか知る事が出来ない貴重なお話をしてくれた博士に感謝。
中立的な立場で作るコンテンツという点は特に印象に残ったよ!
派遣総合サイトと派遣会社の違いも分かったし、リクナビ派遣が独自で実施しているアンケートやお役立ちコンテンツは、非常に充実していて、勉強になったし面白かったよ。
これから派遣を始めようか悩んでいる方、すでに派遣として働いてる方、派遣スタッフさんが、普段どういう状況でどのように考えているのか、少し垣間見る事ができたので、皆さんも参考になるんじゃないかな。
また、リクナビ派遣は多くの求人情報が集まる総合サイトなので、お仕事を探している方は比較するのに非常に便利だと思います。是非ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

今回のQ&Aが、少しでもあなたの疑問を解決していたり、参考になっていたら嬉しく思います。
また、次回も博士を呼んで、色々な質問をしてみたいと思います。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから