スタッフサービスに突撃取材


■地下鉄「大手町駅」 C9出口直結/JR東京駅丸の内北口より徒歩12分
東京都千代田区大手町1-1-3 大手センタービル18階

本日は大手町にあるスタッフサービスさんにお話を伺いにきました。
今回の突撃取材に快く応じてくれたスタッフサービスの中島様、武井様、浅井様。
本日はお忙しい中、貴重なお時間を頂き、ありがとうございます。

それでは早速ですが、インタビューをよろしくお願い致します。

登録についての質問

Q.御社の登録の流れを教えて下さい
まず最初に登録会に来て頂きます。
登録会では、今までのお仕事経験と、お仕事の希望条件をお伺いし、弊社専用システムに登録致します。
登録会の流れとしては、はじめにプロフィールの確認を行い、就業先での情報の取扱いに関しての研修をビデオで10分程度見て頂き、その後に面談となります。
→ 登録会は全体でどのくらい時間が掛かりますか?
プロフィールの提出があるのですが、事前に弊社ホームページから入力して頂いてる方は1時間程度。
登録会場にお越し頂いてから、プロフィール入力を始めた方は、全体で2時間くらいが目安となります。
お時間が無い方には、WEBからご入力頂くことをおすすめしております。
→ 面談ではどんなお話をしますか?
面談では、ご経歴の確認とご希望条件のヒアリングをさせて頂いてます。
その後、書類の手続きと、パソコンのスキルチェックを実施させて頂いて終了となります。
お手続きをさせて頂いてる間に、弊社コーディネーターがご希望条件の内容でお仕事の検索もしてますので、登録のタイミングでご案内できるお仕事が見つかった場合については、手続きが終わった後にコーディネーターからお仕事のご案内をさせて頂いてます。

Q.スキルチェックではどのような内容のチェックをしますか?
実施しているスキルチェックは2種類ありまして、1つ目はパソコンを使ったタイピングのチェックを行います。
数字の入力を1分間、日本語入力を1分間、英語使用の経験や希望がある場合は、英文の入力を1分間行って頂き、スピードと正確性の確認を取っております。
2つ目は、ワードとエクセルの問題を解いて頂いてます。問題はそれぞれ7分で12問づつ。
→ チェックの結果次第で登録できないことは?
特にそういった事はございません。ただし、不安のある方やご希望の方には無料のビジネススクールをご案内しております。

Q.登録会に来た方には何らかのお仕事をご案内してますか?
ご経験や希望によっては、ご案内できないケースもございます。
できる限りご案内できるようお探しはしますが、登録の時間は限られてますので、
その時点で見つからない場合は、引き続きお探しさせて頂いて、見つかり次第お電話でご連絡させて頂いてます。

Q.スタッフサービスを利用しているスタッフさんの構成を教えて下さい
まずは女性・男性の比率ですが、大体ですが85:15となっています。
年代は20代が30%、30代が50%、40代が14%、50代が1.5%で残りがその他となります。

Q.登録の前に知っておいた方が良いこと、理解しておいてほしいことは?
これは希望としてというところなのですが、アルバイト感覚で登録に来られる方もいらっしゃるので、
一社会人として仕事をして頂きたいと考えてますので、そういった認識を持っておいて頂けると嬉しいです。
また、お仕事を始めてみたものの、自分に合わないので、すぐに辞めてしまうというのは困ってしまうので、契約としてちゃんと就いて頂きたいという希望も持っています。
こちらも事前にお仕事内容を極力正確にお伝えできるよう努めていきますので、お仕事を始めて頂くにあたって、十分検討して頂ければと思います。

Q.登録する際ですが、クリアしていなければならない条件はありますか
特にございません。登録の条件はないのですが、やはりどうしても経験などによって、早くご案内できる方と、時間が掛かってしまうケースはあるので、ご了承頂きたいと思います。

 

待合室の様子

派遣スタッフさんからの質問

Q.派遣会社からみて派遣で働くメリット・デメリットを教えて下さい
派遣会社を利用するメリットとして、ご自身でお仕事を探すとなると、結構な時間と労力も掛かりますので、仕事を探すという面では、お仕事量は圧倒的に多くなるので、効率よく探せるのがメリットだと思います。
また、大手の大企業で就業するとなると、なかなか門が狭いという面もありますが、派遣として働く場合は、十分にチャンスがあると思います。
さらに、ご自身のライフスタイルに合わせて、勤務地・場所・時間を選んで仕事を探すことができるのも大きなメリットではないでしょうか。
他にも、職場状況の改善なんかも、派遣会社を通すので要求しやすいこともあげられます。

デメリット。職種にもよりますが、勤務期間に制限があったり、派遣先の会社の状況によっては、働きたくても契約を更新できないケースがあります。

Q.派遣に向く人・向かない人はあると思いますか?
会社によって色々な文化を持っていたりするので、そういった所でお仕事をしていく適応力があった方がいいというのはあると思いますが、
これといった“向く、向かない”の適性は無いと思います。

Q.登録にこられた方で印象に残るエピソードなどはありましたか?
全然関係ないかもしれませんが、登録会の途中で具合が悪くなられ、救急車をお呼びした方がいました。
後日その方がまた来て頂いて、「実は急性の盲腸になってしまったみたいです」という事で、
「その節は大変お世話になりました(笑)」とご挨拶にこられた事が一番印象に残っておりますね。
→ 体調悪くてどうしようもない時や、急な都合でこれなくなってしまった場合は、再度日程を調整すれば問題ありませんよね(?)
全く問題ないです。ご連絡頂ければ再調整しますので、もし体調が悪い場合、むしろゆっくり治されてからいらして下さい(笑)


インタビュー時の様子です。

こちらからは3名でお伺いしたので、場所は商談用の会議室で行いました。
質問のボリュームが多かったのか、話が盛り上がったのか、2時間近くと長時間に渡ってお付き合い下さったスタッフサービスの皆様にはとても感謝。
質問にも丁寧にお答え頂けたおかけで、スタッフサービス様に対する理解も深まりました。

お仕事についての質問

Q.どういうお仕事が人気ですか?
受付や秘書は、女性の憧れもあり非常に人気があります。
最近では、雇用の安定を求めている流れもあり、紹介予定派遣を希望する方が増えているという状況も見られます。

Q.逆にすぐに紹介してもらえるお仕事や、人気のないお仕事は?
月~金で働きたいという方が多いので、シフト制の仕事は比較的ご希望の方にはお仕事をご案内しやすいかもしれません。
また、電話業務より事務を希望する方が多いので、電話業務の方がご案内しやすいと思います。

Q.今までと比べて紹介の敷居が高くなっている?
最近(2008年12月)は、どちらかというと、ひとつのお仕事に対して複数のスタッフの方がご希望を出される状況にあるので、1つのオーダーを企業様から頂いても、必然とハードルが上がってしまうケースが増えています。
今まではお仕事の数に比べて人材の方が少ない状況でしたが、現在はお仕事案件数の方が少ない状況にあります。
弊社はスピード重視でやってきた経緯もあり、スピード勝負で他社よりも優位性があり、お仕事を多く紹介できていたのですが、
現在は1つのお仕事に対して、ご希望が一斉に挙がるので、なかなか難しい部分も出てきました。
今まで以上にスキルのある方の人選などが企業様から求められているのが現状です。
→ ということはスキルチェックを厳しくしたりも?
登録時に自己申告制のチェックがあったり、スキルチェックを厳しくしたというのもありますが、エクセルの個別指導やビジネススクールのご案内をしたり、スタッフのフォローに力を入れるようになりました。

Q.持っておくとおススメ・有利な資格はありますか?
現実的には経験+資格というのが強いと思います。
簿記は需要も多く、時期によって経理などの仕事が増えたりするのでおすすめです。
→ 語学関係は?
英語のできる方という募集も多いですね。
→ 基準はありますか?
大体TOEIC700点以上のレベルが需要としては多くなってきます。派遣先としては、商社や貿易関係の会社様になります。

Q.経験のない人がお仕事を紹介してもらうのは不利では?
私の周りでも経験がなくて採用にまで至らないケースもかなり増えてます。

未経験の方ですと、最初は事務の経験を積むつもりで来て頂きたいというのがあります。
私が派遣スタッフだったらと考えると、「大手の企業さんで綺麗なところでオフィスワークがしたい」という希望も非常にわかるのですが、
未経験ということを踏まえると、まずは事務の経験を積んで頂いて、経験者として次にステップアップされるのがベストだと思います。
最初にご登録いただく際には、修業のつもりで来ていただけるといいかもしれないなと、正直最近は感じております。
「しばらくスキルアップしてみてから、次のステップへ進もう」ということでしたら、お仕事自体はゼロではないので、まずはあまりこだわりすぎずに色々聞いてみた方がご案内できるお仕事は広がるかもしれないですね。

Q.早く仕事を紹介してもらえるような取組やコツはありますか?
事務未経験の方であれば、OAなどパソコンに慣れてもらったり、ビジネスマナーやスキルを身に付けるなどです。
弊社の一番の売りはスピードということもあり、1つのお仕事に対して多くの候補者が挙がります。
その中で、優先順位として、「就業予定日からのご就業が確実な方」というのもプラスアルファの条件で付いてきます。
「今日は決められません」となると、他の方にお仕事をご案内せざるをえないことにもなってしまいます。
なかなか難しいことはあると思いますが、即断即決することもあるという心構えを持っていただけると、お仕事の可能性が広がります。

Q.全体的に仕事量が増える時期はいつ頃ですか?
3月~4月にかけてが一番増えると思います。


面談や登録の手続きをするブースです。
各ブースは仕切りで区切られており、小部屋のようになっているので、プライバシーを保てます。

事前にプロフィール登録が済んでいない方は、こちらのPCで入力をします。
自宅からなどインターネットにて事前に入力を済ませておけば、そのぶん登録も早く終わりますので、時間を有効に使えます。

相談についての質問

Q.御社でのコーディネーターの役割や位置づけは?
主にコーディネーターは以下3つのポジションに分かれております。
登録センター付・・・新規のご登録者と対面式で希望をヒアリングし、お仕事のご案内をしていくポジション
オフィス付・・・企業様から頂いたオーダーに対して、既存のスタッフさんを探すポジション
終了者付・・・スタッフさんの契約が終了する前に次のお仕事をナビゲートするポジション

Q.営業担当とは?
企業様からお仕事のオーダーを頂いてきたり、就業中のスタッフさんのフォローをする役割になります。
契約終了前に次の契約をスタッフさんに確認したりもします。
→ 相談などがある場合は営業担当に?
そうですね。仕事上の悩みや改善要望など、営業担当の方にご相談いただきます。
また、お仕事上の悩みなどに対して、専門の相談窓口も設けておりますので、そちらもご利用いただけると思います。

Q.お仕事の契約を途中で辞めた場合、次の仕事への影響はありますか?
辞め方にもよると思います。辞めざるをえない事情であれば、次のお仕事もご案内していくのですが、
契約終了前に無断欠勤で投げ出してしまった場合、多くの方に迷惑が掛かってしまうので、今後ご案内しづらくなってしまう事もあります。
信頼のもとに契約をしておりますので、基本的には必ず満了して頂きたいです。

給料ついての質問

Q.お仕事を続けていて時給があがることは?
派遣スタッフさんの実績に合わせてのお時間給になりますが、その方の努力であったり、企業様からの評価によって上がっていくことはあります。
また、営業担当から聞いている話でも、上がっている印象はあります。
今まで弊社は高時給戦略として、どの方でも一律高時間給でご案内していたのですが、現在はスキルによって時間給を変えています。
未経験の方は、最初の時間給は決して高いとは言えないのですが、やる気や頑張り度合で上げますというのはあります。
→ 逆にスキルのある方は時給が高いお仕事に就いている?
そうですね。スキルに見合った時間給をご案内しているので、スキルの高い人ほど時給は高い傾向にあります。
今までは一律でやってきたのですが、最近は差が出てきており、変化してきてる事も感じます。


面談をする個室の中の様子です。

コーディネーターと呼ばれるお仕事を探す担当の方に、今までのお仕事の経験や希望条件をお伝えし、スキルチェックの確認などを行います。

運が良ければこの場で、条件に合うお仕事が見つかる事も!

サービスついての質問

Q.御社の強みとして豊富な仕事量を掲げていますが、その理由は?
取引先実績の数と営業力だと思います。
過去を振り返ってみますと、大手企業様との取引が多いので、追加のオーダーを頂きやすいというのがあると思います。
隣の部署から追加でオーダーとか、あのスタッフさん頑張っているのでもう1名追加したい等々です。

Q.派遣スタッフをサポートする体制について教えて下さい?
未経験の方がいらした場合は、ビジネススクールに予約を取り、OAのスキルを学んでいただいたりしています。
就業中の方には営業担当が相談等のフォローをしています。
→ 具体的に営業担当がやっている取組み等はありますか?
(今回は現場の営業担当さんが同席していなかったので、またの機会に突撃したいと思います)

Q.最初に提示された業務内容と就業後の業務内容のギャップについて
ご案内時にコーディネーターからと、派遣先に詳しい営業担当からの2回説明させて頂いてます。
かつ、業務内容確認ということで、派遣先の担当者に詳細を確認し、実際にお仕事ができるかどうかの事前の所まで、スタッフさんと確認をしています。
就業後にでてくる業務内容の違いに対しては、営業担当にご相談頂いて、派遣先と交渉するようにしています。
→ 確認漏れや暗黙の了解のような派遣先が言わずとも期待してることもあると思いますが?
以前に、お仕事の過程の中で入るであろう電話応対などで、電話をするなんて聞いてなかった等のギャップが生じていたこともありました。
そういった細かい部分も現在はなるべく注意するようにしています。
例えば、「電話が1日何件くらい入る」「来客応対が1日何組くらいある」など、極力具体的にご案内できるようには心掛けています。
その他にも、以前は小さなところでのミスマッチングも多かったので、「資料作り1日何枚」「データ入力1日何枚」など、数字で表せられるよう企業様からヒアリングすることで、できるだけギャップが生まれないようにしています。

Q.福利厚生、資格奨励、サポートなどネット上に公開されていない情報は?
サイト上にはスクールなどの詳しい情報が載っていなかったりしますので、登録に来て頂いた方にはパンフレットをお渡ししております。


◆登録時に配布されるスタッフサービスが発行する「スキルアップガイド」
スタッフサービスが実施するビジネススクールと講座一覧が掲載されています。
内容はビジネスマナーからOA関連、職種別講座を、無料のものから有料のものまで、スキルアップに役立つ講座が多数用意されています。
外部の提携スクールも割引料金で活用でき、語学ではジオス・イーオン・ECC、資格ではLEC・大原学園・TACなど20社以上と提携。

最後に!

Q.ズバリ、御社の強み、他社との違い、アピールしておきたいことをお願いします
他社様に比べると、お仕事の絶対数があるのでご案内できる数は多いです。
また、ご案内するスピードが速いのも弊社の特徴です。
エントリーしてから「2~3日待ってて下さい」というケースが他社さんでは多いと思いますが、
弊社では、当日や翌日にお仕事をご案内するというケースが多いので、急いでお仕事を探している方にはピッタリだと思います。
それから未経験者の方でも、ご案内できるお仕事が豊富な点もアピールできると思います。
→ 条件に合わず紹介を連続で断っていると紹介されづらくなってしまいますか?
ご自身で条件を厳しくしてしまうとハードルが高くなってしまい、ご案内しづらくなってしまうことはあります。
お仕事の数が減ってきている事もあり、優先順位で何が一番重要なのか、優先順位をお伝えいただければ、後はこちらからそれに沿ってご提案させていただくように努めます。

番外編

Q.個人的なご意見になってしまうと思いますが、今後の派遣という働き方はどうなっていくと思いますか?
個人的にですが、派遣はこれからも絶対必要な働き方だと思います。
正社員でもどうなるか分からない状況ではありますが、スタッフさんが安定を求めるのであれば、紹介予定派遣などを上手く利用するべきだと思います。
また、スタッフさんの希望は人によってまちまちで、留学に行きたい方もいれば、1年に1回必ず長期の海外旅行に行きたい方、
結婚の予定がある方、扶養内で働きたい方など様々で、その方々の希望条件に合わせるならば、派遣は絶対に必要だと思います。
また、スタッフさんもそこを上手く利用していると思います。

Q.印象に残るエピソードはありますか?
弊社の強みであるスピードのところで言えば、当日ご登録にこられた方で、
早い方だとその日のうちにお仕事をご紹介し、翌日からのお仕事が決まってしまうケースも中には少ないですがあるんですね。

自宅から自転車でいけるくらい近場希望のある新規の方で、ご登録を終わられたのですが、
ご希望のエリアが比較的難しいエリアで該当の仕事がなく、一度お帰ししようと思っていたところに、営業担当から、
「希望に近い仕事が入ったんだけど、もしよければご案内したい」と直接電話が入ったことがあったんです。
通常であれば、営業担当が派遣先企業からオーダーを貰い、担当のコーディネーター宛に連絡し、お仕事の内容をご案内できるように管理するのですが、
たまたま営業担当者からの電話が入ったので、すぐにスタッフさんをお引き留めし、その場で口頭ベースでご案内し、仕事が決まったなんてケースがありました。
その時のスタッフさんが「こんなことあるんですか?!」と物凄く喜んでくれたのが、非常に印象に残ってますね。

スタッフサービス

本日の感想

本日は、貴重なお話をして頂いた中島様、武井様、浅井様にとても感謝しております。
取材の途中で“会社の文化”という話がでましたが、インタビュアーである私自身も転職経験があるので、会社の色であったり特徴なんかが会社それぞれ違うことは体感しています。
そして、何社もの派遣会社を訪問していると、それは各派遣会社様にも同じことが言えるのだと感じるのですが、本日は一段と感じた日でもありました。
スタッフサービスさんは仕事量が豊富というイメージも強いですが、やはり業界内ではスピードという点で他社からも一目を置かれている存在で、そこの徹底ぶりは今回の取材を通しても改めて認識させられました。
急いで仕事を探している方、一度訪れてみてはいかがでしょうか。
次回は口コミでの評判と実態についてお伺いできる機会があればと思っています。
今回のインタビューが、多くの派遣さんの励みになれば幸いです。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから