50歳代の転職は厳しい、『こんな筈では!』にならないように

50歳代の転職活動は非常に厳しい!

会社を辞める理由には、いろいろとあると思います。リストラや退職勧告、早期希望退職の募集、望まない異動や出向など、転職を余儀なくされることも、今の時代はかなり多く耳にする話です。中には、『人生は一生に1回、本当にやりたかった仕事をやってみよう』なんて理由で、会社を辞めてしまう人もいるようです。何れにしても、50歳を過ぎての転職は、非常に厳しいと思って下さい。ヘッドハンティングで転職をするなら良いのですが、また一から就職活動をするとなると、いろいろな障害が生まれてきます。まずは、50歳代の転職となると、60歳まで数年、65歳までもそんなに時間はありません。今の世の中、55歳で役職定年を迎え年収も下がり始めます。60歳になると嘱託待遇となり、もっと年収も減ります。そこからは年間契約となる会社が多いので、65歳まで働けるか疑問です。ハローワークに求人を出す時、年齢制限が出来ませんので、敢えて条件に書いてありませんが、まず書類選考までで、面接までたどり着くことは皆無と思って下さい。50歳を過ぎて、転職をするのでしたら、技術や能力を認められて、引き抜かれる以外は、辞めておいた方が良いと思います。

過去は過去、引き抜き以外は先が見えない!

50歳を過ぎれば、それなりのキャリアとスキルは持っていることと思います。しかしながら、それは過去の話です。今現在、仕事をしている会社での実績です。職場環境も変わりますし、よっぽどの資格などをお持ちでないと、履歴書、経歴書も見てくれないのが現状です。唯一考えても良いのは、その過去の実績や資格を欲しがる企業が好待遇で引き抜いて来た時のみと思います。このような時でも、職場環境は変わりますので、今までのように直ぐに実績があげられることは稀だと思います。もう一つだけ、転職が考えられるのは、グループ会社への出向や転籍です。待遇は今までと変わらず、職場環境も慣れ親しんでをおります。20代の若者のように、『これからなんでもできる』なんて甘い考えで転職を決めることのないようにして下さい。

目的の無い転職なら、止めた方が良い!

リストラや望まない理由での退職は、致し方なく思いますが、再就職は非常に厳しいと思って下さい。ハローワークや人材銀行へ行っても、希望するような職種は、まずないと思って間違いありません。家業を継ぐとか、ヘッドハンティングのように、自分の仕事が決まっているのであれば、転職も成功すると思います。一時の感情や情熱で、仕事を辞め、新たなことを始めようなんて考えは起こさない方が良いと思います。成功する確率は、ほぼゼロに近いと私は思います。ご自身の老後の将来設計も考えて、先を見据えた判断をしましょう。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから