IT業界、未経験で転職を希望するには?

IT業界は、とにかく人気も将来性もあります

以前のコラムの中でもご説明しましたが、少子高齢化による労働力人口の減少が問題になる中、その労働力をICT(情報通信技術)、AI(人工知能)、ロボットの開発、それにIOT(物のインターネット)などの技術とビッグデータの情報活用により、労働の質が大きく変わろうとしております。この一躍を担うのが、IT業界の技術者なのです。従って、これからの時代にあった仕事として、IT業界の人気は非常に高くなっているのです。情報通信機器の設計から構築、運用、保守、人工知能の開発などは、ビッグデータを解析し、プログラミングをします。ロボットやIOTも全てITの成しえる技なのです。現在、IT業界の技術者は、足らない状況にあります。従って未経験者でも、採用し努力を促すのです。兎も角、この業界は沢山の転職希望者が集まりますが、その反面、辞めていく人も沢山おります。憧れだけで勤まる業種でないことが、この証であると思います。

未経験者が気を付けなければいけないポイント

この業界は、大学や専門学校なども多く、本当の基礎は教わってきます。しかし、その技術は殆んど役に立たなく、一から教育をするケースが多いのです。ですから、若くてIT業界に興味があって、技術を習得して行こうという志を感じられる人が居れば、IT企業は、採用をします。ここで、ハッキリと言っておきたいことがあります。それは、この業界で本当にやって行こうという気構えが出来ているかです。IT業界といっても、非常に広範囲です。IT業界の中でも、何がやりたいのか、将来どんな技術者になりたいのか、キッチリと目標を定めておきましょう。この目標が定まっていないと、直ぐに挫折して会社を辞めることになります。そんな若者を、私も何人も見てきました。日々進化をしている業界です。毎日が勉強と思って間違いありません。そして、その目標を勝ち取った人は、この業界で優秀な技術者となり、高額な収入を得ることもできるようになると思います。

ITって、どんな仕事があるの?

さて、ITってどんな仕事があるのでしょう?実は、ITと一言で言い現わされておりますが、その仕事は多義にわたっております。一般的な、くくりで少し説明を致しましょう。

ソフトウェア開発と運用保守

一般的な業務システムの開発やWeb上でのシステム開発、いろいろな物を制御する制御系の開発、クラウドコンピューティングのためのソフトウェア開発など多種多様なソフトウェアの設計から開発、運用、保守の仕事になります。非常に多義に渡っておりますので、開発に使用する言語やツール、ハードウェアなども変わってきます。官公庁や、金融機関などが基幹系のシステムに使う大型汎用コンピュータから携帯電話やタブレット端末のソフトウェアの開発、ビッグデータにアクセスしていろいろな情報を分析・解析するソフトウェアの開発、人口知能やロボットを制御するようなソフトウェアの開発など、いろいろな仕事があります。ですから、一概に『ソフトウェアを扱うシステムエンジニアになりたい』ではなく、どの分野のエンジニアになりたいのかまで、しっかりと目標を定めておきましょう。

インフラ構築と運用保守

インフラ系のエンジニアとは、汎用機やサーバーの基盤の構築を行ったり、いろいろなセキュリティ対策を講じたりする技術者と、そのインフラ上で稼働しているシステムの運用や保守を行う仕事となります。この分野も汎用系ではIBMや富士通、日立のようなメインフレーマのオペレーションシステムの配下で作業を行うか、一般的にオープン化と言われる中でも、UNIX配下で動くシステムなのか、LINUX配下で動くシステムなのか、WINDOWS配下で動くシステムなのかによって、環境も異なり、覚える事柄も変わってきます。オープン系は、全て知っていた方が良いので、全てに精通出来るよう勉強をしましょう。

ネットワーク構築と運用保守

ネットワーク系の技術者は、実際のネットワーク回線に係る仕事から、通信を制御する仕事、セキュリティに係る仕事、ネットワーク機器の設計から構築など、こちらも多義にわたっております。ネットワークに関しても、インフラ技術者と同じように環境により、覚える事柄が変わってきます。ネットワーク技術者は、様々なサービスを提供するためのプラットフォームやその環境で稼働するサービスの特性を理解して、物理的なプロトコルにも精通することが必要となります。一般的には、ルータやスイッチの技術に精通する技術者をネットワーク技術者と呼びます。

自分のやりたい仕事、目標を定めておきましょう

最後になりますが、上記のようにIT業界の仕事といっても、多義に渡っているため、『何か、違うぞ』何てことにならないよう、自分のやりたい仕事、そして目標をキッチリと決めてから、仕事探しに入りましょう。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから