テレワークの仕事ってどんな仕事?どうすれば良いの?

テレワークって?

テレワークとは、離れた場所でIT機器を活用して仕事をすることを言います。政府が進めている『働き方改革』の中でも推奨されていて、最近では、企業に雇用されながら仕事をする『在宅勤務』や『遠隔勤務(サテライトオフィス)』なども少しずつ増えて来ております。仕事内容としては、パソコンなどのIT機器を使ってWebの制作を行ったり、プログラミングやデータ入力をしたりする仕事に多く見受けられるようになってきました。

テレワークのメリットは?

テレワークのメリットは、育児や介護などで出勤が困難な人や、夫の転勤などの事由で遠方へ行かなければならないような人には大きなメリットとなると思います。通勤時間はいりませんし、自らのキャリアも中断せずに続けることもできます。事業主と納期や納品物等の約束事を決め、しっかりと守って行けば、自分のペースで仕事が出来ます。企業側の立場にしても、少子高齢化が進み労働者人口が減少する中、優秀な人材を確保できるという意味で、大きなメリットを産むことと思います。

テレワーク勤務の執務環境って、何か必要?

テレワークの執務環境ですが、パソコンを使うケースが多いと思いますので、テーブルと椅子は欲しいと思います。テレワークは、在宅で作業を行うかサテライトオフィスでの作業になりますので、セキュリティ、特にプライバシーには十分な注意が必要となります。事業主の指示に従って、セキュリティ面には、注意をして下さい。ウィルス対策なども、事業主から指示が出ると思いますので、必ず励行して下さい。

テレワーク勤務は、自己管理能力が必要です

テレワーク勤務は、事業主と離れた環境で仕事を行います。従いまして、仕事の進捗管理等は自己の責任で管理しなければなりません。テレワーク勤務の場合、仕事の依頼時に納期と納品物が決められます。この納期の中で、自己の責任で進捗の管理を行い、納期内に仕事を終わらせなければなりません。また、納品物も事業主の指示通りに納品をする必要があります。途中で、電話やメールで進捗を確認されることもあると思いますが、ここはきっちり自己管理をして、仕事を完結しましょう。

≪総  論≫

テレワークは、これからの時代に即した働き方と思います。通勤に無駄な時間や体力を費やさず、自己管理の下で仕事を行う事が出来るのであれば、在宅勤務でも良いし、環境の良いサテライトオフィスで仕事は集中して行い、余暇はリフレッシュするなんて時代が目の前に来ているように思います。ICT(情報通信技術)の発達により、成し得る仕事の形です。何度も言いますが、後は自己の管理能力です。セキュリティ管理もしっかりと行って、信用を得れば、良いサイクルで仕事も廻って行くことと思います。これからの時代に、最適な働き方とは思いませんか?

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから