働き方が変わる!ICT(情報通信技術)って、一体なに?

そもそも、ICT(情報通信技術)ってなに?

ICT(情報通信技術:以下ICT)とは、その文字の通りIT技術にコミュニケーション技術を融合させた技術のことになります。非常に、理解しづらい言葉に成りますが、具体的に説明すると簡単で、結構興味深い世界が想像できます。経理業務を例に考えてみましょう。IT化される以前は、売上や経費の伝票を現場で作成して、その作成された伝票を経理が回収して、月次作業を行っておりました。これがIT化されることによって、伝票は、デジタル化され会計データとして経理の担当部署に送られ、コンピュータによって月次処理を行っておりました。そしてICT、つまりITにC(コミュニケーション)が加わるの時代になり、会計伝票は一元管理され、月次の締め処理も一段と早くなり、経営者に財務状況をスピーディーに伝達できるようになったのです。これは、簡単な単なる一例です。

ICTによって、何が変わるの?

IT技術に、Cであるコミュニケーション技術が融合したことにより、いろいろな面で効率化を図ることが出来るようになりました。この技術改革により、働き方にも大きな変化が出て来ております。ICTは、いろいろなステージで活用されるようになりますが、働き方の変化にテーマを絞って考えてみましょう。ICTの利用のよって、パソコンだけではなく、タブレット端末やスマートフォーンなどを活用して、いつでも、どこでも仕事が出来るようになります。従来は、机上でパソコンに向かって行っていた仕事を、タブレット端末やスマートフォーンのようなスマートデバイスを利用することにより、オフィスやお客様先、現場を問わず、そのビジネスシーンに合わせて仕事を進めることが出来るようになりました。ICTの活用によって、ビジネスでもたらせる情報は、飛躍的なスピードで共有され、意思決定が行われるようななってきております。このことにより、働き方も大きな変化が生まれ、遠隔地からの情報もいち早く共有され、無駄なコストを削減しつつ、
スピーディーなビジネスの展開が行えるようになってきました。

モバイルアプリがもたらす、業務改革

ICTの利用により、モバイルアプリを利用して業務に大きな改革が起こせるようになりました。例えば、カメラやGPSの機能を利用して、現場のデジタル化した情報を即時に共有して、進捗報告をしたり、営業活用をしたりして、業務の効率化を図ることが出来るようになりました。モバイルアプリの活用で、リアルタイムにデジタル化した情報を、即時に共有することが可能となりましたので、あらゆるビジネスシーンを、飛躍的に加速化することが可能になりました。働き方も、このようなICTとスマートデバイスを利用することによって、大きく変化をしてきております。

≪まとめ≫

働き方は、ICTの利用によって、飛躍的に効率化され、またスピーディーになってきました。事務職や営業職は、事務作業をオフィスに戻って机上で作業を行っておりましたが、モバイルアプリなどを利用することによって、そのビジネスシーンに合わせた環境でも仕事をすることができるようななりました。これからの働き方は、このような技術で、より効率化された環境の基で仕事を行うようになることと思います。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから