理想的なワークスタイルとは何か、考えてみる

最近流行の『ワークスタイルの改革』って、何ですか?

少子高齢化による労働者人口が減少していく中、育児や介護と仕事の両立の問題、女性や高齢者の労働力の活用、ICT(情報通信技術)やクラウドコンピューティングなどのグローバル化される社会における競争力の強化などが大きく取り上げられるようになり、日本の企業の中で、働き方に大きな変革が求められるようになってきました。これらの問題をクリアするには、それぞれの労働者の境遇に合わせた働き方を整える環境の整備が不可欠になってきております。今までは、事務所に出勤をして仕事をするということが大前提でしたが、オフィスという物理的な場所にとらわれず、ICT(情報通信技術)の発達と共に『テレワーク』や『サテライトオフィス』のように自分に合った環境の基で働けるような取り組みが始まっています。総務省でも、オフィスから離れて、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方の実証実験として、『ふるさとテレワーク推進事業』を掲げ、地域の活性化やワークライフバランスの実現の取り組みを促進しております。また、オフィス内のどこでも仕事が出来るようにフリーアドレス制に切り替える企業が、多くなってきており、仕事の効率化が図れると共に社員同士の交流促進に役立っております。また、育児を持つ女性のために社内に保育所を設置する企業も出来てきております。このような『ワークスタイルの改革』により、女性や高齢者が働きやすい環境の整備が整うようになってきております。

ワークスタイルを変えることによる効果

ワークスタイルを変えることにより、多様な多くの効果が生まれると考えられております。その効果として下記のようなことが考えられると思います。

無駄な時間や経費の削減に大きな効果が得られる

一般的な営業業務を考えますと、まず自宅から会社に出勤し、自席でメールをチェックし資料作成や整理、社内での打合せを行い、数件のお客様先に移動して打合せや折衝を行い、帰社して当日の営業業務の整理や資料作成を行い、帰宅をするという形になるかと思います。この中で、ICT(情報通信技術)やクラウドコンピューティングを利用することにより、出社をしないで自宅でメールをチェック、資料作成を行い、テレビ会議等で社内の打合せを終えて、直接お客様先に出向き仕事をし、帰宅をしてから当日の仕事の内容を整理して資料作成や報告を済ませるようにする。このことにより、通勤やお客様先に移動する時間や待機・調整する時間の節約が出来、仕事の効率を上げる効果が得られます。また、移動か係る経費の削減にも繋がりますし、生産性の向上にも大きな影響が出ると思います。また、通勤ラッシュなどによる労働者のストレスや疲労の対策にも効果があると思います。

育児中の主婦の復帰や高齢者の労働力の活用に繋がる

企業内に保育所を設置したり、『テレワーク』を採用することにより、優秀な育児を持つ主婦の職場復帰や『フレキシブルなワークスタイル』を活用することにより、経験豊富なスキルの高い高齢者の労働力を活かすこともできます。

≪まとめ≫

ICT(情報通信技術)やクラウドコンピューティングの発展により、いろいろなワークスタイルが、これからも生み出されるようになると思うます。ワークスタイルの変革は、労働力人口の減少を補う策として、働き方を改革改する上で、一番重要な課題だと思います。『テレワーク』や『サテライトオフィス』などと合わせて、『ワークスタイルの改革』を推進することにより、これからの労働力の不安は解消されるようになるのではないでしょうか?働きやすい環境の整備こそ、明るい社会を作る源となることと思います。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから