これからの仕事、セキュリティエンジニアに注目!

情報セキュリティの重要性とは

グローバル化が進む中、働き方も『テレワーク』や『サテライトオフィス』などワークスタイルもどんどん変革を成してきております。そんな世の中で注目を浴びているのが、情報セキュリティサービスです。社会がICT(情報通信技術)やクラウド化が進むにつれて、働き方にもインターネットの利用が不可欠になってきました。ワークライフバランスを良くするために、素晴らしい発展をし続けているのですが、その反面悪意のあるコンピュータウィルスやスパイウェアのようなものが、世の中に蔓延してきております。メールやUSBなどの外部媒体を通して、企業のネットワークに入り込み、重要なデータを破壊したり、漏洩をしたりしております。そのような問題を解決するのが、セキュリティエンジニアの役割なのです。世の中が情報化され、便利になるに連れて、ウィルスなどの問題が付いて回ってきます。これから世の中が発展すると共にセキュリティ対策は重要な課題となって行くと思います。ですから、セキュリティエンジニアが注目されているのです。

セキュリティエンジニアの仕事とは

セキュリティエンジニアは、具体的にどんな仕事をするんでしょう。セキュリティエンジニアの仕事の内容をご説明しましょう。

情報セキュリティ対策の提案や設計・構築

企業毎にセキュリティの状況の調査分析を行い、企業に合わせた情報セキュリティシステムの提案を行います。そしてその提案に対する承認を得て、情報セキュリティの設計から構築を行います。

情報セキュリティの運用・保守

企業の情報セキュリティの現状を把握し、情報セキュリティが保たれているか、情報セキュリティシステムの運用・保守を行います。情報セキュリティシステムは、数分単位で起こりうるサイバー攻撃や情報セキュリティの脆弱な部分の監視などを行います。情報セキュリティの運用・保守は、このシステムを運用・監視する仕事により、システムが異常を知らせた時、企業の規律に従って、報告をすることになります。この作業には、IT系のセキュリティの技術や知識が必要となります。

ウィルスやスパイウェアなどの情報収集と分析

情報セキュリティへの脅威に関する情報を収集して、分析と検証を繰り返し行って、既存の情報セキュリティシステムへの対策を講じる仕事になります。この作業も、IT系のセキュリティの技術や知識が必要となります。

情報セキュリティの監督・監視

情報漏洩の要因は、必ずしもメールや外部媒体のどを介す外部からの要因だけとは限りません。内部の人的ミスなどのケースもありますので、情報セキュリティはシステム化だけに留まらず、マニュアル化して監視をする必要があります。大手企業では、セキュリティ対策の委員会を設け、情報漏洩に対する認識の強化を図ることにより、社会的な信用を得ることとしております。

キュリティエンジニアの年収

セキュリティエンジニアの年収は、キャリアによって差があります。一般的に、設計や構築などを行うエンジニアは、年収600万円~1,000万円以上と思われますが、運用・保守のようなオペレーション的な仕事になりますと、300万円~600万円くらいが標準と思います。

≪まとめ≫

上記のように、セキュリティへの関心と認識は社会の常識となってきております。セキュリティエンジニアは、この重要なセキュリティの対策の中で、情報セキュリティシステムを設計・構築・運用・保守を行う仕事になります。この仕事は、今後、より高度で重要な仕事となることは間違いありません。今後、このセキュリティエンジニアの需要は、増え続けていくと思います。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから