クラウドソーシングって、ご存知ですか?

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい側(クライアント)がインターネット上で発注を行い、仕事を希望する側(ワーカー)が受注し、インターネット上で取引を行う働き方の事を言います。仕事の打合せは、全てインターネット上で行いますので、時間や場所を選ばずに仕事をすることができるというメリットがあります。契約は、下記の3つのパターンが代表的な形となっております。

タスク単位での受発注

クライアントが提示した募集案件に対して、ワーカーが希望する募集案件に参加する方式です。
例えば、クライアントからライターの仕事として100記事の募集案件があり、ワーカー側は、この内の数件だけ受注して作業を行いたいというような、自由度が高い働き方が可能になります。クラウドソーシングは、クライアントとワーカーが、インターネット上で仕事の内容や範囲を決められるので、とても参加しやすい働き方となっております。

プロジェクト単位での受発注

従来のアウトソーシングという受注形態を、インターネット上でクライアントとワーカーが契約を結ぶ形の事です。
例えば、クライアントがアプリケーション開発をインターネット上に募集案件として発注を行います。これに対してワーカ側は、このアプリケーション開発をいくらで出来るか提示を行います。クライアントは、希望に見合うワーカーに発注を行い、選ばれたワーカーに仕事を依頼する形になります。このプロジェクト単位での受発注は、比較的高額な案件となることが多く見受けられます。

コンペ形式による受発注

クライアントが、インターネット上で提示した要求に対して、ワーカー側が作品を提出し、その中からクライアントが作品を選んで採用するという形式です。例えば、ポスターのデザインやロゴの作成などの募集案件が多く、採用となった時に収入が得られる形になります。この形の欠点は、クライアントに採用してもらえないと収入にならないということになります。

クラウドソーシングの市場

クラウドソーシングの市場は、年々拡大しており、様々な分野でクライアントからの募集案件が増えている状況です。ワーカーは、ライティングのような初心者でもできる仕事から、アプリケーション開発のように自分のスキルを活かした仕事まで、さまざまな仕事を選択することができます。クラウドソーシングの市場規模ですが、年々増加をしておりまして、今年度は1,500億円くらいの市場規模になると見込まれております。今後も、クラウドソーシングの市場規模は、『テレワーク』や『サテライトオフィス』などによるワークライフバランスを考えた働き方が進んで行くに連れ、大きく拡大していくことと思われます。これからの仕事の受発注方式として、大きな期待と共に注目を浴びております。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから