社会人1年目、2年目の転職をどう考える?

社会人1年目、2年目の転職。本当に良いの?

社会に出て、1年目、2年目で転職を考える若者が、近年多くなってきているようです。その理由ですが、『入社してみたものの、思っていた仕事とは違う』や『仕事がつまらない』や『対人関係があまり良くなく、コミュニケーションも取り辛いので、辞めたい』のようなことが多いようです。入社間もない1年目、2年目、働き始めて現実と理想のギャップをどうしても感じてしまう時期なのかもしれません。早々に、退職を考えてしまう人も少なくないようです。本当に、このような状況で退職をして良いものでしょうか?一般論かもわかりませんが、少し考えてみたいと思います。

石の上にも三年、良く考えて!

世の中で『石の上にも三年!』という言葉があります。”何事も、3年はやってみなければ内容なんて分からない”何ていう時に、良く使われることわざです。『社会人1年目、2年目で転職を考えるなんて早い!』なんて説教みたいなことは言いません。ただ、社会に出て1年でも2年でも経験したというキャリアを捨ててしまうことになることは間違いありません。折角、頑張って就職した会社であれば、転職を考えるのではなく、働いている会社の中で上手くやって行く方法を考えたり、自分の生き甲斐を見付ける努力をしてみてはいかがでしょうか?それでも辞めたいのなら、また同じことを繰り返さないように、良く考えて転職先を探しましょう。第二新卒を歓迎してくれる企業は数多くあると聞いております。ただ、一つだけ忠告です。何度も転職を繰り返すことだけは避けるようにしましょう。私も人事担当を行った経験から、企業側は辞め癖が付いていて、長続きしないと判断されてしまうことがあります。これだけは、注意をして下さい。

社会人1年目、2年目の転職のメリット、デメリット

社会人1年目、2年目の転職のメリット

社会人1年目、2年目の転職のメリットですが、兎も角需要が多いです。第二新卒として、同じ業種にチャレンジすることもできますが、全く違う業種に変えることも容易に出来る年代です。本当に考えて合わない会社であれば、早く辞めて、新たな会社で頑張ることが許される年代なのです。先程も書きましたが、辞め癖だけは、作らないよう、充分に注意をして下さい。

社会人1年目、2年目の転職のデメリット

社会人1年目、2年目の転職のデメリットですが、転職をしたことを後悔することです。まだ社会人生活が短いため、些細なことで嫌になり、会社を辞めたがる若者を多く見てきました。1つの会社の中には20代から60代までいろいろな人がおります。世代の違いだけではなく、上司や先輩、部下というしがらみも沢山あります。これは、転職をして、会社を変えても変わるものではありません。そんな理由で、また転職がしたくなり、これを続けると辞め癖になってしまいます。全てが自分にマッチした会社があれば100点満点でしょうが、そんな会社は、殆んど無いと思って間違いありません。始めから、偉いポジションが欲しいのであれば、起業するしか道はありません。一般的なサラリーマンは、約40年間仕事をします。これを木に例えると、年輪のようなものになると思います。1つの仕事、一つの企業、自分の好きな仕事、自分のやりたい仕事、何でも良いですが、人生の年輪を作るためには、我慢も必要なことと思います。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから