これからも、なくならない仕事って?

IT化により、なくなる仕事、なくならない仕事

AI(人工知能)やロボット技術がITの進歩と共に進化を遂げ、人間の仕事として消えていくものも出て来ております。現在でも、いろいろな大規模生産工場などで、ロボットが使われ、効率的で高速且つ、正確に作業を行っており、人件費の削減や環境整備の役に立っております。今後、どのような仕事が、AI(人工知能)やロボットによって、人間の手から離れていくのか、また人間でなければならない仕事とは、どんな仕事なのか、考えてみたいと思います。

大切なのは、能力や効率だけでなく、人間力のバランスにある

少子高齢化により労働力人口が減少していく世の中に於いて、AI(人工知能)やロボット技術の発展が、足りない労働力を補うことは非常に好ましいことと思いますが、AI(人工知能)やロボット技術の発展は、足りていない労働力だけでなく、それ以上の仕事まで、こなせるようになってきております。人間は、人間が開発したAI(人工知能)やロボット技術の発展によって、全てではないものの、大量な仕事を失ってしまうのではないかと懸念されております。今までは、大規模生産工場のラインにロボットを配置して、効率的で高速且つ、正確で、コスト削減や環境整備を実現してきました。将来的には、自動車も自動運転が実現されたり、AI(人工知能)の急速な発達と共に、考えられなかったようなところまで、機械化が進んでくるようになることと思います。韓国では、AIを搭載して世界中の言語や法律を記憶させ、自身の意志で動けるロボットを大統領にしようとするような計画まで出て来ているようです。少子高齢化により労働力人口が減少どころか、AI(人工知能)やロボットによって、失業する人間が出て来てしまうのは、本末転倒なことだと思います。しかしながら、本当にそれで良いのでしょうか?処理能力や作業の効率においては、人間より優れたものを創り出すことは容易なことだと思いますが、伝統や匠の世界は、不変だと思います。

こんな仕事は、なくしたくない

AI(人工知能)やロボットによって、人間の働き方は、これからも大きく変わって行くことと思います。でも、人間でなければできない仕事や、やはり人間が行った方が良いと思われるような仕事ってあると思いませんか?例えば、老舗料亭の料理とか寿司など、伝統と匠な技によって、心に訴える物造りの仕事は、やはり人間によってなされて欲しいと思います。人と人が、話合い、触れ合いながら行うような仕事、そういう仕事は、これからも人の手に残って行くのではないでしょうか?ロケットの部品を作る、中小企業の職人技をもった人達のような仕事も。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから