転職に有利な時期とポイント

転職に有利な時期、いろいろな観点から見た有利な時期

転職に有利な時期ってあるのでしょうか?あるとしたら、それは何時頃なのでしょうか?それとも、それぞれのキャリアに応じた転職に適した時期があるのかもしれません。今回は、そういう観点から、転職に有利な時期について、考えてみましょう。

1月、7月が比較的有利な時期

あくまでも一般論ですが、比較的1月、7月の転職は有利ということを聞いたことがあります。私も、ハローワークへ人材探しに良く行きますが、この時期は、求人者数も求職者数も比較的多く感じております。その理由ですが、ボーナスを貰ってから退職する人が多いからだそうです。それ以外には、理由を聞いたことはありません。確かに、会社を辞める時は、ボーナスを貰ってから辞める人は多いですよね。転職を希望している方は、ボーナスの時期に求人広告や求人サイトなどの情報を注意して見てみて下さい。

20代での転職のポイント

20代の転職は、いつでも沢山あるように思えます。『第2新卒』や『未経験者歓迎』などという売り言葉を良く見掛けます。但し、気を付けなければならないことが沢山ありますので、下記のようにまとめます。

●新卒から1年、2年程度のキャリアしかない人

転職の理由を、しっかり説明できるようにしておきましょう。しっかりとした説明がないと、堪え性がないと判断されてしまうこともあります。異業種に転職を考えている人も、同じように転職について、しっかりとした理由を説明出来るようにしておきましょう。

●キャリア3年以上の人

同業種に転職を考えている人は、自らのキャリアとスキルをしっかりと説明できるようにしておきましょう。資格を持っている人は、その資格についても説明できるようにしておきましょう。異業種に転職を希望している人は、その理由を説明できるようにしておきましょう。

30代での転職のポイント

30代の方々は、企業にとって一番働き盛りの年代になると思います。この年代で転職を考えるとなると、何らかの不満を抱えている人が多いと思います。サラリーマンとして働く以上、どこの会社へ行っても、不満は付き物です。転職の際は、なぜ転職をしたいのか説明できるようにしておきましょう。

●自身のキャリアとスキルを説明できるようにしましょう

30代ともなれば、かなりの業務知識や技術能力も備えていることと思います。ご自身が、どのような立場でどのような仕事を行ってきたか、説明できるようにしましょう。

●役職を持っている人は、アピールポイントです

30代にもなれば、役職も持っている人もかなりおられると思います。主任、係長、課長、中には部長や取締役なんて方もおられるのではないでしょうか?どのような立場で、どのくらいの部署をどのように管理運営していたか説明できるようにしておきましょう。

40代での転職のポイント

40代の転職となると、一般職での転職は、殆んどあり得ないと思います。管理者としての転職を考えることになりますので、なぜ前職を辞めて転職を考えているのか、しっかりと説明ができなくてはなりません。また、よっぽどの準備ができていなければ、異業種への転職若しくは、起業をすることは、かなり難しいと思います。40代で転職を考えるのであれば、事前に希望する業種に合った資格を取るなど、綿密な準備をしてから、行うことをお勧めいたします。40代は、何処の会社も、経営及び管理の中心的な立場におられる世代です。かなりのキャリアとスキル及び管理能力がなければ、転職自体が厳しい年代になると思います。

≪まとめ≫

転職に有利な時期については、ボーナス後の1月と7月が有利とされております。また人事異動が多く行われる3月、9月も比較的多いと言われております。1月、7月は、どちらかというと、ワーカーの求人・求職が多いように思えますが、3月、9月は、人事異動絡みとなりますので、管理職の求人等も出て来るようです。時期的な観点では、その辺りになりますが、年代的なポイントは、やはり若い世代の求人が多いように思えます。40代半ばからの転職は、かなり厳しいと考えた方が良いと思います。 

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから