40代後半での転職は至難の業

40代後半で、本当に転職ってできるのか?

40代後半での転職は、かなり厳しいと言って良いと思います。その理由ですが、40代後半の求人数が激減するからです。40代後半ともなれば、一般的にはベテランの管理職、課長、部長クラスの方、若しくは執行役員や取締役になっている方が多いと思われます。そのクラスの方が、転職をするとなると、何か問題があるのでは?と思われても仕方がありません。スーパーエリートや特殊な資格を持っていて、ヘッドハンティングされるケースは良くありますが、自ら転職を希望するとなると、かなり厳しい状況になることを覚悟しなければなりません。しかしながら、40代後半でも転職は、絶対に無理という訳ではありません。狭き門になりますが、あることはあります。どんなケースがあるかご説明しましょう。

40代後半の人材を求めている企業

40代後半の人材を求めている企業は、下記のような企業となります。
●ベンチャー企業などで、経験豊富な社員が少なく、経験豊富な人材を受け入れ、会社の基盤を整えようとしている企業
●新規にプロジェクトを立ち上げたいと思っているが、経験豊富な取りまとめ役に困っている企業
●経験豊富な人材を組み込んで、業績の改善を図ろうとしている企業
●少数精鋭で成果を上げるため、経験豊富な人材を集めているような企業

上記のように、40代後半というキャリアとスキル、それに管理能力とコミュニケーション能力を兼ね備えた人材を求める企業が、少数ですがあるようです。但し、これからの努力を求めるのではなく、過去の実績を買うというような形になりますので、上手くマッチングできればというのが、条件になります。

求人情報を集めるのがポイント!

上記にも書きましたが、求人枠は非常に少ないと思った方が良いと思います。ですから、求人の情報は、しっかりと集めることがポイントとなってきます。自分のキャリアを十分に生かせる求人の情報を、しっかりと探し当てることがポイントとなります。求人サイトや人材銀行など、あらゆるものから求人情報を収集して、対策を講じてみましょう。

自身のキャリアとスキルをアピールできるようにする

求人情報がキャッチできたら、自分のキャリアやスキルをしっかりとアピールできるよう、事前にまとめておきましょう。管理能力やプレゼンテーション能力なども評価の一つとなると思います。40代後半の人材を求める企業は、求人対象をピンポイントで探していると思います。自らのキャリアを、自信を持って、しっかりとアピールしましょう。

≪まとめ≫

このように40代後半以降の転職は、至難の業と言っても過言ではないくらい厳しいものと思って間違いありません。まずは、会社を辞める前に、本当に辞めて良いのか、自分や家族の生活のこと、老後のことを良く考えてから行動に移すようにしましょう。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから