『働き方改革』女性の労力の活用について

女性の労働力を活用には、『働き方改革』が必要です

政府、安倍政権でも女性官僚の人数を増やしているように、民間企業でも女性の役員や管理職を増やす行動計画を立てる企業が増えて来ております。経団連でも、会員企業に自主行動計画をまとめるように呼びかけを行っております。その結果、大手企業の約50社が自社のホームページにプレスリリースをしているそうです。このように、少子高齢化による労働力不足の減少を補うために、女性の役員や管理職を増やし、女性が働きやすい環境作りが行われようとしております。政府も、成長戦略の一つとして、女性の活躍推進を掲げ、実効性を高めるために、企業に行動計画を作るように促す法律を制定する方針も打ち出しております。このように、政府主導の基で『働き方改革』として、女性の労働力の活用が積極的に推進されております。

女性の管理職を増やす

日本では、女性の管理職はまだ少なく約1割程度しかいない状況にあります。アメリカでは、既に40%を超えており、フランスやスウェーデンなども30%を超える状況にあります。政府も、2020年までには、日本も30%にする目標を掲げており、現状との隔たりの大きさに、急務な状況となっております。日本の社会では、女性は家庭に入って、家事を行うものという認識に立っておりますが、男女の差なく、家事も両立する努力や、企業内に保育サービスを拡充させて、女性も働きやすい環境の整備が必要となってきます。

働く環境の整備が必要

女性管理職を増やすためには、働く環境の整備が絶対条件となります。女性には、子供を持つと男性には出来ない授乳のような仕事も発生します。家事を分担するといっても、男性にはできないこともあるので、企業側で保育サービスを拡充したり、フレックスタイムやテレワークなどを活用して、女性が働きやすい環境を整備する必要があります。全ての女性が、管理職を目指すとは限りません。管理職を目指す女性には、管理職向けの研修やセミナーに積極的に参加できるようにするような配慮も必要になることと思います。まずは、女性が女性の働きやすい環境を創り出すことが必要と思います。

≪まとめ≫

女性の労働力をフル活用するためには、家事や育児などで男性が協力することのできない女性だけの仕事があります。これを解決するためには、政府、企業ぐるみで、働く環境づくりをしなければなりません。女性の経営者、管理職を増やして、もっと女性が働きやすくなることは、大賛成ですが、どこまで実現できるか問題は山積みの状態のように思います。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから