女性管理職、成功するリーダーはどんな人?

女性管理職が少ない現状

現在の日本の企業の実態として、女性は一般職の比率が非常に高く、女性がリーダーや管理職になるということをイメージすることが難しいような風潮が出来上がっておりました。しかし、最近になって様々な企業で『女性の活躍推進』が考えられるようになってきました。中には、男女の関係なく、能力とやる気でリーダーや管理職を決める企業も、比較的若い会社やベンチャー企業、外資系の企業などで、多く見受けられるようになってきました。政府も成長戦略のひとつとして、この動きを後押しするような政策を発表しております。ある種、体力勝負であるような仕事が、働き方の変化と共に、能力勝負に形を変えつつあります。これからの時代、女性にも能力ややる気次第で、活躍できる場が多くなって来ることと思います。

時代の変化が、女性を変えている

少し前までは、女性は遅くとも30代前半までに結婚をして、仕事を辞め、家庭に入り、子育てをする。子育てが落ち着いて来たら、家計の足しになる程度のパートをするというように、会社で管理職やリーダーになるなんて考えている人は、殆んどいなかったことでしょう。しかし、現在は就職活動の時点で、自分の将来像を描き、やり甲斐のあるベンチャー企業や外資系企業に就職をして、リーダーや管理職となろうとする女性の方も増えて来ているようです。『女性の活躍推進』は、今や政府や経済界が大きく旗振りをして応援をしている時代です。女性の意識も、時代と共に変わりつつあるようです。

これからの女性管理職に求められること

これからの女性管理職やリーダーに求められることは、男性の管理職に良く見受けられた、力づくでの管理手法ではなく、女性であることを活かしたきめ細かい管理手法が求められるようになると思います。力づくの縦社会ではなく、部下ともコミュニケーションを取り、横のつながりにも気を配れるフラットな管理手法が求められるようになると思います。現在の女性管理職は、絶対数が少ないこともあるのかもしれませんが、男性に負けまいと感情的になる方を、良く見掛けます。私の周りにも、そのような女性管理職がたくさんおります。これからの時代は、能力ややる気を認めれて、管理職やリーダーになる女性が増えていくことと思います。そのような立場で仕事したり部下の管理としたり、会社の経営に参画するようになるのですから、女性管理職同士の打合せなどの機会も増えていくことと思います。女性は女性らしく、フラットで、場が和むような職場作りをして社会に貢献して欲しいと思います。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから