30代の転職、注意しなければならないこと

なぜ転職したいのか、理由を考えてみよう

社会に出て約10年、職場にも仕事にも慣れて、脂がのった丁度働き盛りの時期だと思います。この時期に、転職を考えるのは、なぜでしょうか?転職活動を行う前に、今一度その理由を考えてみましょう。短絡的な理由で転職をしたり、転職を繰り返すと『転職グセ』と判断され、面接時に人事担当者から良く思われなくなってしまいます。私の部下で、30代で転職を口にする社員を多く見てきました。転職したい理由は、『人間関係が上手くいかない』、『仕事の内容に不満がある』、『処遇待遇に不満がある』、『今と違った仕事がしてみたい』殆んどがこのような理由した。このような理由を持って、転職を考えている人は、誰にも相談できず、愚痴ばかりを言っているネガティブ志向の人に多くみられる傾向です。一つ筒、上司や同僚と話し合うことによって、解決できるケースが殆んどと思います。このような理由を持って、転職をしても、また同じ悩みをかかえることになって転職を繰り返す、最悪のスパイラルに陥る可能性があります。出来れば、転職はせず、一つの職場でキャリアを積み、人生の年輪を沢山刻む方が良い選択と思います。

転職すると、環境は始めからスタートになる

転職をすると、職場環境や人間関係は始めからやり直しになります。それは、それぞれの会社に文化や歴史があるからです。人間関係や仕事のやり方、処遇待遇等、本当に満足の行く会社に転職が出来れば良いのですが、世の中それ程甘くはありません。今までのキャリアを捨てる覚悟が必要となります。社会に出て10年以上のキャリアがあっても、再就職をした会社では1年生と思って仕事をするべきだと思います。転職をするのであれば、そういう覚悟を予めしておいた方が良いと思います。

効率良く転職をする方法

それでも転職を考えるのでしたら、効率良く転職を行いましょう。まずは、退職をする前に、いろいろな情報を仕入れたり、履歴書、職務経歴書を書き、面接の準備もしておきましょう。求人媒体には、ハローワークや新聞、雑誌などいろいろな物がありますが、転職サイトや転職エージェントを利用するのが一番効率が良いと思います。特に、転職エージェントは、サポートがつくので非常に便利で効率良く、転職に導いてくれると思います。

≪まとめ≫

30代での転職は、人手が足りていない今の世の中では、かなり有利に話を進めることが出来ると思います。しかしながら、本当に転職をしなければならないのか、良く考えてから行動に移しましょう。転職で、人生が開ける人もいると思いますが、約10年近いキャリアを捨ててまで、転職をするべきか、後悔のないようにすることを望みます。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから