派遣と請負の違い

派遣と請負の違い

皆さん、仕事を依頼された企業に常駐して仕事をする際、派遣契約で常駐して仕事をする場合と、請負契約で常駐して仕事をする場合とで違いがあることを知っていますか?実は、大きな違いがあるのです。その違いは、常駐する労働者に対する指揮命令の権利を誰が持っているかに違いがあります。派遣契約で常駐して仕事をする場合は、派遣先の社員が指揮命令の権利を持ちます。従って、派遣先の社員と一緒に仕事をして、派遣先の社員の指導の下で作業を行うことになります。一方の請負契約で常駐している労働者に対する指揮命令の権利は、業務を請け負った企業が指揮命令の権利を有しますので、仕事も請負先の社員やグループと一緒に行うことになります。仕事に対する責任の所在ですが、派遣の場合は派遣先の社員の指揮命令の下で業務を行いますので、派遣先が責任を持つことになります。一方、請負の場合は、請け負った業務に対する責任になりますので、請負先が責任を負う形になります。ですから、請負契約で業務を受注した場合、契約書に提出する成果物や納品物の記載をすることとなります。

『請負契約』と『委託契約』の違い

『派遣契約』の他に『請負契約』という契約の形がありますが、もう一つ『委託契約』という契約の形があります。『派遣契約』は、派遣先に指揮命令権がありますので、責任の所在は、あくまでも派遣先にありますが、『請負契約』と『委託契約』の場合は、どうなるのでしょうか?『請負契約』の場合は、お客様からある業務やプロジェクトなどをまるごと請け負う契約となりますので、責任の所在は、請け負った企業にあります。しかし、『委託契約』の場合は、委託された業務などの遂行に対する責任はありますが、結果に対する責任は民法上ないという形になります。また、契約解除の条件においても、違いがあります。『請負契約』の場合は、発注者は仕事が完成していない間や納品に問題がある場合は、いつでも契約解除をすることができます。一方で受託者は、発注者が破産手続き開始を受けた時のみ契約解除をすることができます。受託者にとって、非常に厳しい条件になりますので、契約を結ぶ際に、契約を解除できる条件を交渉して、請負契約書に明文化することをお勧めします。『委託契約』は、どちらも契約解除に制限がありませんので、お互いの同意の基で、いつでも契約の解除をすることができます。

≪まとめ≫

フリーランスとして仕事の契約をする場合、『派遣契約』ではなく、『請負契約』や『委託契約』で仕事を受注するケースが多いと思います。何かあった時の責任の所在は、予め明確にしておくことをお勧めいたします。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから