フリーランスと派遣社員の違い

フリーランスと派遣社員との違い

フリーランスと派遣社員との違いですが、大きく分けて、雇用の形態や働き方の違い、所得や税金にも違いがあります。この点について、下記のように説明致します。

フリーランスと派遣社員、雇用形態の違い

派遣社員には、派遣元の企業との間に雇用関係が発生します。派遣先の企業と業務内容が決まったら、派遣社員は派遣元の企業と雇用契約書や就業条件明示書によって賃金や労働保険、社会保険等の加入等細かな条件の取り決めを行い、明文化され、労働基準法によって労働者の立場が守られます。一方のフリーランスは、雇用関係がありませんので、労働法で守られることもありません。発注先と直接、仕事の受注条件を決め、この条件にしたがって、仕事を行います。これらの手続きについて、派遣社員は、派遣元の企業が行ってくれますが、フリーランスは全て自分で行わなければなりません。但し、フリーランスには、仕事で発生した経費を計上できるメリットがあります。

フリーランスと派遣社員、働き方の違い

フリーランスと派遣社員には、働き方にも違いがあります。フリーランスの場合、契約形態が請負契約又は、業務委託契約で仕事をすることが多くなると思います。この場合、任された仕事に対する指揮命令の権利は、本人にありますので、派遣と同じように受託先に出向いて仕事をする場合もありますが、在宅で作業ができるようなメリットもあります。一方の派遣社員は指揮命令の権利は、派遣先の企業にありますので、派遣先の社員と一緒に仕事をしなければなりません。ここに大きな違いが生じます。フリーランスの場合、自由なワークスタイルで働くことができるというメリットがあります。

フリーランスと派遣社員、所得や税金の違い

派遣社員は、派遣元の企業と交わした雇用契約書に定められた賃金を貰うことができます。従って、『給与所得』を得る形になります。一方のフリーランスは、売上から経費を引いた分が『所得』となります。派遣社員の場合は、派遣元の企業で、年末調整を行ってくれますが、フリーランスは自分で確定申告をして税金を収めなければなりません。また、所費税の扱いですが、派遣社員の場合は、派遣元の企業と雇用関係があるため、消費税の対象ではなく源泉税の対象となります。フリーランスは、あくまでも個人事業主と同じ扱いになりますので、売上が1,000万円を超えた場合、消費税対象業者の扱いとなり、消費税を収めなければなりません。但し、売上が1,000万円を超えなければ、益税対象となり、所費税は払わなくて良いというメリットがあります。

フリーランスと派遣社員の良いとこ取り!

フリーランスとして独立を考える限りは、ある程度の仕事と収入の見込みは付けていることと思います。しかし、フリーランスとして仕事をすると、全ての業務を自分でこなさなければなりません。営業に手が回らなけて、仕事が空いてしまうなんてケースも考えられます。週に何日か派遣で仕事をして、残りの日にフリーランスで仕事を受注するようにすることで、収入を安定させることもできます。派遣社員も、有期雇用契約の労働者ですが、フリーランスは突然、仕事がなくなって収入が安定しないなんてことも考えられますので、注意をしてください。

≪まとめ≫

フリーランスは、自分で営業をして仕事を受託する形で、自分のワークバランスに合わせた働き方ができますが、雇用自体は安定したものとは言えません。自分のスキルやキャリアを商品としますので、常にスキルアップも必要でしょうし、人脈づくりも大切な仕事となってきます。派遣社員も、正社員とは違って、有期雇用契約の労働者ですから、雇用は安定しておりません。派遣法の改正により、2018年に大きな変動がありそうですので、まずはスキルアップをして、自分の価値を上げる努力をしましょう。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから