派遣で仕事を探している人、面接のポイント

派遣で仕事を探している人、面接のポイント

派遣元企業から紹介を受け、派遣先の面接を受ける時って、とても緊張しますよね。そこで、その緊張をほぐす意味でも、面接のポイントを事前にチェックし、準備をしておきましょう。そういう面接のポイントを、いくつか説明致します。

履歴書の本人希望欄や資格欄はアピールポイント!

皆さん、履歴書ですが表面は間違えにないように、一生懸命綺麗に書きますが、裏面の本人希望欄や、資格欄って、あまり意識していなくはないですか?実は、この裏面の部分に面接のポイントが隠されているんです。仕事に関係のないことは、あまり書かない方が良いのではと思っている方も少なくはないと思いますが、有している資格は全て書きましょう。また本人希望欄も、前向きなことは端的にまとめて書くようにしましょう。初対面の訳ですから、面接官も話題を探している場合もあります。自分をアピールする時間を作る意味でも、しっかりと書きましょう。但し、だらだらと書くのではなく、端的にまとめることが肝心です。

面接先の会社の情報は、必ずチェックしておきましょう

これは必須ポイントですが、面接先の会社はどんな会社なのか、ホームページなどで事前に調べておきましょう。面接時に、面接を受ける会社の情報を知っているかいないかは、この面接の合否を決める最大のポイントにもなりかねませんので、必ず、面接の前に行っておきましょう。出来れば、その会社の理念やどんなサービスを行っているのか程度を語れるようにしておくと完璧です。

常にポジティブな姿勢で対応しましょう

履歴書の裏面の件も同様ですが、前職でどんな事をどんな立場で仕事に携わってきたかなどを聞かれたら、常にポジティブな態度で応対をしましょう。決して、不平不満のようなことは言わないようにしましょう。前職は契約満了で終了となったとか、プロジェクトが完了して、契約が終了になったというような回答が良いと思います。

最後は、自己PRでダメ押しを!

面接が進み、『最後に何かありますか?』と聞かれたら、しっかりと自己アピールをして、どんな仕事でも頑張るという前向きな姿勢を示しましょう。何度も書きますが、面接官とは、初めて会うのですから、第一印象が最大のポイントです。面接官に、明るく前向きで、やる気もあり、期待できそうという印象を与えられればこちらの勝ちです。

≪まとめ≫

面接のポイントは、自らのキャリアやスキルを大いにアピールすることが一番ですが、それ以上に実直で明るく、やる気のある姿勢を示すのがポイントです。ご自身で、面接を受けた会社で仕事をしてみたいと思うのでしたら、しっかりとお自分をアピールして面接官に良い印象を与えるよう、頑張って下さい。希望に叶う仕事に就けるよう、お祈りしております。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから