派遣会社を味方に付けるコツ

派遣会社へ登録の手続きに行く時の注意点とコツ

派遣で仕事を探す場合、必ず必要となるのが、派遣登録の手続きです。派遣で仕事を探す場合、全ては、この派遣登録から始まります。まずは、氏名や性別、年齢、住所などの個人情報と、過去に経験をしてきたキャリアやスキル、希望の職種、勤務地、就業条件などをエントリーシートに入力して、仕事を紹介してもらうための準備を行います。このエントリーシートの内容を基に、派遣会社の担当者と面接を行うのですが、派遣会社は、このエントリーシートと面接の結果を、派遣先に紹介するための重要な判断材料とします。ですから、この派遣登録の段階で、派遣会社に好印象を持ってもらって、味方に付けてしまうことをお勧めします。そのためのコツとポイントを説明致します。

時間は厳守です

まずは、当たり前のことが、キッチリと出来ているかです。時間厳守は、基本中の基本です。時間を守れない人は、派遣先でも大きな問題となります。派遣先からのクレームは、派遣元にとって、一番有難くないことです。ですから、時間厳守は絶対条件となります。

服装や身なりは、キッチリしましょう

派遣会社の面接から、仕事探しは始まっていると思って下さい。派遣会社の担当者に好印象を与えることによって、派遣元の会社の担当者は、派遣先に自信を持って紹介を致します。好印象を与えるためにも、派手めな服装や身なりは控えておきましょう。服装は、無難にスーツなどが良いかと思います。明るすぎる茶髪や派手なアクセサリーなどもやめておいた方が良いと思います。香のきつい香水なども、控えた方が良いでしょう。

持って行くものを再チェック!

派遣登録時の持ち物を再チェックしましょう。履歴書や職務経歴書、印鑑や写真と、身分を証明できるものなどを持って行くと良いと思います。派遣会社によっては、履歴書や職務経歴書は、別途指導をしてくれるところもありますから、事前に調べておきましょう。後は、筆記用具を忘れずにして下さい。履歴書や職務経歴書を持参する場合は、誤字脱字がないよう、事前にチェックをして下さい。

自分のアピールポイントを事前にチェック

最後になりますが、自分のアピールポイントを事前に整理しておきましょう。派遣会社の面接時に、聞かれた時、担当者に好印象を与えられる最大のポイントとなります。真面目で礼儀正しく、明るくて前向きな人という印象を与えられれば、派遣登録元の担当者も、良い派遣先を紹介してくれることと思います。担当者との面接時は、相手の目を見て、ハッキリと話をしましょう。仕事に関することは、ポジティブな解答を心がけましょう。

≪まとめ≫

派遣会社を味方に付けるコツとして、当たり前のようなことを書きましたが、意外と出来ていない人が多いものです。派遣で仕事を探す際、派遣登録から就職活動は始まっております。まずは、良い派遣先を紹介してもらう意味でも、派遣登録の段階で、担当者に好印象を持ってもらいましょう。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから