65歳以上で退職すると支給される『高年齢求職者給付金』

高年齢求職者給付金とは?

65歳以上の人は、雇用保険に加入することは出来ませんので、雇用保険の被保険者になることが出来ません。失業保険の基本手当は、雇用保険の被保険者でないと受け取ることが出来ませんので、65歳以上の人は、失業保険の基本手当の給付を受けることが出来ません。その代わりに、『高年齢求職者給付金』を一時金として貰うことが出来るものです。

『高年齢求職者給付金』の給付条件は?

●『高年齢求職者給付金』の給付条件は、65歳以前で雇用されていた労働者が65歳を超えて退職をした時
●離職前1年間に被保険者期間が通算で6カ月以上ある労働者(通算なので、複数の事業主にまたがっていても構いません)
●実際には引退したくても、働く意思を伝える必要があります

給付手順といくら貰えるのか?

給付の手順ですが、まずは居住している管轄のハローワークへ行って、求職の申し込みを行ってください。そこで高年齢受給資格があると認定されれば、7日間の待期期間に入ります。待期期間が終了すると、自己都合又は自己による過失で解雇された場合は3か月間の給付制限を受けます。この流れは、一般の失業者と同じ流れになります。失業認定日にハローワークへ行って手続きをすれば終了となります。高年齢求職者給付金の給付額は、被保険者期間が1年未満であれば『基本手当日額×30日分』、1年以上であれば『基本手当日額×50日分』と決められています。但し、高年齢求職者給付金の給付期間は、基本手当と同じく原則として退職してから1年間なので、給付日数が1年を超えた分に関しては給付されませんので、ご注意下さい。

基本手当と高年齢求職者給付金は同時に受け取れませんない

『高年齢求職者給付金』は、失業認定日に『失業の状態』と認定されれば、その時点で全額一括で給付を受けることができます(実際に指定の口座に振込まれるまでには、数日かかります)。但し、基本手当と高年齢求職者給付金を同時に受けることは出来ません。65歳を超える前に被保険者として、失業認定を受けて、基本手当を受け取るか、65歳を超えて『高年齢求職者給付金』を一括で給付を受けるかどちらかとなります。総額は、基本手当の方が多いと思いますが、基本手当は、認定日ごとに日数分が支給される形になりますので、何度か認定日にハローワークへ行く必要があります。

≪まとめ≫

65歳という年齢を境に、失業給付の貰い方も変わってきます。基本的には、基本手当の方が総支給額が多いので、基本手当を全額受け取ることができる65歳前に退職をした方が、得かもしれません。但し、高年齢求職者給付金は、1回だけ失業認定日に管轄するハローワークへ行けば、全額支給されるので、さっさと貰って、再就職先を決めたい人には、有利になるかもしれません。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから