30代、転職の心構え

30代は即戦力!周りの目は厳しいですよ

30代での転職ですが、自分自身にとっても企業にとっても一番売り時でもあり、買い時でもある時期になります。このところ、少子高齢化が進んできて、人手が足りなく、買い手市場の企業側にとって、30代でスキルマッチするような人材は喉から手が出るほど欲しいことと思います。しかしながら、スキルがミスマッチとなると大きな違いが出て来てしまいます。30代で転職を考えている人達は、自分のスキルを良く考えて、仕事を探すようにしましょう。働き盛りのこの時期は、一生の中で一番大事な時期と思います。自分のスキルは武器になります。その武器をフル活用をして、転職先を見極めるようにして下さい。ミスマッチしてしまったり、高望みして自分のスキルを過大に売り込むと、その付けは必ず自分自身に廻ってきます。30代は、即戦力になるので重要視されますが、期待にそぐわなければ、企業にとっては高い買い物になってしまいます。そしてリストラ組となってしまうかもしれません。それだけ社会に出て10数年のキャリアというのは財産なのです。転職によって、天国へ行けるか地獄に落ちるかなんてことにならないようにして下さい。

30代での新しい仕事、準備は入念にしよう

30代で脱サラして、飲食店やネットビジネスで起業しようとか、全く違う業種への転職を考えている人も沢山いるかと思います。決して間違った選択ではないと思いますが、今まで経験をしてきたキャリアやスキルを捨てて、新たなことを始めるのであれば、それ相応の準備を入念にしてから始めましょう。昔のことわざに『隣の庭は良く見える』という言葉があります。事業や仕事に成功している人は、それ相応の努力と苦労をしております。30代と言えば社会に出て、10数年のキャリアを積み、仕事も覚えて一番働き盛りの年代です。社会の人達も、そういう目で皆さんを見ております。本当に、自分の人生を左右してしまうことになってしまうかもしれません。だからこそ、入念な準備が必要なのです。中途半端な心構えでは、新しいことに手を出すことはやめた方が良いと思います。やるからには、絶対に成功しましょう!そのために準備は入念に行いましょう。

目的の無い転職は、絶対に駄目!

先程から何度も言っておりますが、30代と言えば社会人として10数年のキャリアを持つ、一番働き盛りの年代です。『今の仕事が合わない』とか『職場の人間関係が嫌だ』なんて理由で転職を考えているのならば、絶対に転職をしない方が良いと思います。どんな会社に入社しても、自分で仕事と向き合わなければ、仕事は面白いものにはならないし、職場の人間関係もどこの会社へ行ってもあります。そんなネガティブな考え方での転職は絶対にしてはいけません。直ぐに、また転職を繰り返すようになってしまいます。転職癖が付いて、60歳を過ぎて自分の過去を振り返ったら、何も残っていないなんてことになってしまいます。そうならないように、転職を考えるのであれば、何で転職をしたいのか、自分の将来像は何なのか、良く考えてから転職活動を行うようにしましょう。

≪まとめ≫

30代は、どこの職場でも働き盛りの年代になります。この年代まで築いてきた年輪を40代、50代、60代と築き上げられるのが一番良いのかもしれません。でも、30代まで築き上げてきた自分のスキルやキャリアという年輪を武器にして、もっと価値のある人生の年輪を築くことができるかもしれません。ですから、転職をすることについては、反対はしません。ただ目的も何もない転職を絶対にしないようにしましょう。自分の人生に悔いを残すだけになるからです。30代も後半から40代になると管理職となって一戦を曳く人も、多く出てきます。一番働き盛りのこの年代だからこそ、人生の転換期として気を付けなければいけないことが多くあると思います。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから