50代の転職を考える

今、ひそかに50代への期待が高まっている

最近の傾向ですが、若くて勢いに乗った企業から、いろいろな分野で専門的なスキルや豊富なキャリアを持った50代の現役世代に脚光が浴びております。ゲームやIT系の仕事で業績を上げている企業には、社長が30代半ば勢いに乗って業績を上げているものの、社歴もなく、世の中の習慣が解っていない会社が沢山あります。型破りを売りにしている企業もありますが、ある程度まで企業も成長をすると、一般的な常識が必要になってきます。ここで必要になるのが、いろいろな分野で専門的なスキルやキャリアを有した50代の企業戦士たちなのです。
40代でも良いのかもしれませんが、社長や経営陣のご意見番としての役割は、50代半ばくらいのキャリアが必要になっているようです。その為には、会社が求める専門分野に精通し、30代の若い社長にはないコネクションや、人的なネットワークを持っていて、自分自身で任された仕事を完結できるだけの実力とスキルが必要不可欠になります。つまり、管理者で、決裁だけが仕事で実務を行わないような50代ではなく、実績を行動で示せるようなアラフィフに、脚光が浴びているのです。

50代の転職は、かなり危険ですがやる気とキャリアとスキルで頑張る

一般的の50代で転職を考えるとなると、リストラとか早期退職の勧告を受けたりして、転職を余儀なくされている人も多くいると思います。今までやって来た仕事によっても違いますが、ネガティブにならず、自身のキャリアとスキルを洗い出し、即戦力として出来ることをアピールできるようにしましょう。過ぎ去った日々は、取り戻すことは出来ません。でしたら自分が行ってきた仕事の中で、大きくアピールできる材料を見付け、そのスキルを再度磨き上げることにより、チャンスは必ずやってきます。50代ともなれば社会に出て大卒ならば約30年、何かアピールできるものは必ずある筈です。兎も角、ネガティブにならず、ポジティブに考えることが肝心と思います。過去を振り返り、自分のスキルに自信がなければ、資格でも取得して、強い信念をアピールできるようにして下さい。

管理者ではなく、現役でバリバリ仕事が出来ることをアピールする

求められる人物像は、50代だからといって管理能力を全面に出していくのではなく、自らが行ってきた仕事のキャリアとスキルを売りにして、現役としてバリバリ仕事が出来るところをアピールしましょう。特に、若くて勢いに乗っている会社で、社長が30代なんていうところは、会社の年輪がないので、社外的に臆病になっているようなことが多くあります。このようなところを補えるような人材であれば、50代はむしろ最高な戦力になるのではないでしょうか。

≪まとめ≫

今は、昔のように年功序列型の働き方ではなく、裁量労働制による労働形態を採用する企業が増えて来ております。この流れは、今後の『働き方改革』を推進していく上で大きなポイントにもなることは間違いありません。今の時代、多くの大企業では55歳で役職定年を迎え、59歳まで毎年年収は減少していき、最高時の30~40%減になるケースが多いと言われております。60歳以降は、希望により再雇用され65歳までに最高時の半額に満たない年収になることが予測されます。リストラや早期退職の勧告を受けるだけではなく、自分のライフワークをもっと楽しいものにするために、意識改革をして若くて成長性のある企業に転職をして、バリバリと働くことも良いのではないでしょうか。年金の受給も、将来的には75歳からなんてことになるやもしれません。受け身ではなく、前向きで人生を楽しいものにしてみるのも良いとは思いませんか。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから