運送業は、今が就職・転職のチャンス!

トラックドライバーの就職・転職は、今がチャンスです!

最近大手運輸会社の長時間労働や低賃金が世間で大きな問題とになり、トラックドライバーは深刻な人手不足に陥っております。特に宅配便等で、時間指定の配達が行われ、不在で再配達などがあり、長時間労働を虐げらるる要因となっております。また、インターネット通販などの利用により、需要も多くなり、その人手不足は深刻な状況となっております。今や、この業界に政府や企業で改善の動きが活発化しており、トラックドライバーなどの処遇が改善されつつあります。そんなトラックドライバーのことを少し調べていくことにしましょう。

トラックドライバーって、どんな資格が必要ですか?

トラックドライバーになるためには、いろいろな資格が必要です。しか、絶対に必要なのは、普通免許証だけとなります。これ以外に大型免許証やフォークリフトの免許、牽引免許などを持っていると、有利になりますが、運送業界の現状は、きわめて人手不足の状況にありますので、普通免許証さえあれば、入社は出来てしまうような状況にあります。運輸業界も、取敢えず入社をさせ、会社の経費で必要な資格を取得させているところも多いようです。

福利厚生や賃金はどうなんですか?

運輸業界の人手不足は、長時間労働や低賃金で問題になって以来、運輸会社側もかなり重視して様々な福利厚生を充実させている状況です。社会保険は勿論のこと、労働保険や保養所等を用意して、働きやすい環境の整備を行っております。また、一般的に、トラックドライバーは定年がなく、70歳を超えても元気に働いている方も多くおられます。トラックドライバーの収入ですが、運ぶ荷物によっても変わりますが、普通に働いて中距離ドライバーで20~25万円くらいが相場かと思います。長距離ドライバーになると、30万円以上稼ぐドラバーも多くなっており、50万円以上稼ぐようなドライバーもおられるようです。但し、一般的なサラリーマンとは違い、1回あたりの労働時間は、かなりの長時間になることが多くあります。

≪まとめ≫

トラックドライバーは、一度仕事に入ると長時間労働で休む時間もなく、また長距離運送の場合、高速道路を使わず、一般道を走って経費節減をするなど、かなりの重労働であることは間違いありません。運輸業界も、建設業界やIT業界と同じように、委託業務の関係が多くあり、末端の運輸業者は、安価で厳しい条件での仕事を余儀なくされているケースも多くあります。適正な労働環境を整備すべく、政府や業界が一体となって、事故の無い正しい働き方ができる業界になって欲しいと思います。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから