今、注目を浴びている仕事、登録販売者ってどんな仕事?

登録販売者って何?

登録販売者とは、2009年の薬事法改正によって新たに設けられた医薬外部品の販売をする資格者の事です。今までは、薬剤師にしか許されなかった薬剤の販売を制限はありますが、登録販売者の資格を有していれば、販売することができる、そんな存在になります。登録販売者が取り扱える医薬品は『第二類医薬品』と『第三類医薬品』の二つですが、『第二類医薬品』には、総合感冒薬や鼻炎用内服薬などが含まれております。最近、大手のドラッグストアやスーパーマーケット、コンビニエンスストアなどでも、このような医薬品を販売するようになったのは、この登録販売者を雇うことにより、薬剤師を常駐させなくて良くなったからです。

登録販売者になるまでの流れ

登録販売者になるためには、居住している各都道府県で行われる登録販売者の試験に合格する必要があり、都道府県知事の登録を受けることにより、有識者と認められることになります。受験資格は、平成27年以降学歴や年齢、実務経験を問わず、だれでも受験できるようになっております。しかしながら、登録販売者の試験に合格しても、店舗管理者代行になることは、直ぐには出来ないので、登録販売者として活躍するには、制限を受けることになります。過去5年以内に実務経験が2年以上あるか、無ければ在籍している薬剤師若しくは実務経験のある登録販売者の指導の基で、2年間以上の経験を積まなければ登録販売者として仕事をすることは許されません。制限はあっても、薬剤を扱う仕事ですので、致し方なく思います。

登録販売者ってどのくらい稼げるの?

登録販売者は、医薬品を扱うことのできる仕事ですので、それなりに給料も良いのではないかと思うのですが、一般的な正社員の初任給と変わらない程度のようです。割と、パートタイム雇用が多い仕事ですので、一般的な時給より150円程度高く設定がされているケースが殆んどとのことです。しかしながら、これからは、大手のドラッグストアやコンビニエンスストア、スーパーマーケット等でこのような医薬品を販売することが多くなると予測されますので、求人数は、間違いなく増えていくことと思います。需要が多くなれば、賃金も上がるのが定説となりますので、今後は期待できる業種のひとつになる可能性を含んでいるように思えます。

≪まとめ≫

登録販売者のように、社会の仕組みが変われば、新しい仕事も増えていくことと思います。待遇面でも悪かろう、安かろうという仕事もまだまだ残って行くことと思いますが、IT化の発展により、AI(人工知能)やビッグデータの活用により、IOT化は目覚ましい進化を遂げると予測されます。ともに、パターン化された仕事は、消えていくことと思いますが、人が生み出すアイデア的なサービスのスピードには付いてこれないと思います。これからも、このような仕事は、沢山あると思います。機械化に負けないように、人間が人間である仕事を楽しんでやって行きましょう。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから