女性や主婦に人気な仕事、調剤薬局事務ってどんな仕事?

調剤薬局事務って、どんな仕事ですか?

調剤薬局事務の仕事とは、登録販売者と同じように医療系の仕事になりますが、こちらの仕事は薬剤を販売するのではなく、薬局の裏方的な仕事となります。主にどんな仕事をするのかを説明していきたいと思います。

●患者さんが調剤薬局に来て、保険証を受け取ったり、処方箋を受付て情報の入力業務

 皆さん、風邪などを曳いて病院へ行って、薬を処方されると、近くに調剤薬局があることにお気づきでしょうか?病院で処方箋を貰って、薬局に持って行って、始めに接する人が調理薬局事務を行っている方と思って下さい。 調剤薬局事務員は、その後レセプトなどの作成を行います。レセプトとは、調剤報酬明細書の事で、薬局全体の収入になる重要な書類になります。この書類作成事務を行います。従って、医療関係の仕事になりますが、経理的な事務作業が主な仕事となります。

●医薬品の検品や、在庫確認、入庫及び医薬品の発注などの業務を行います

 
 薬局内の薬剤の在庫状況を確認し、医薬品の発注処理や入庫・検品処理などの作業を行います。また、決められた場所に薬剤を保管することも、調剤薬局事務の仕事になります。

●常駐薬剤師の雑務等の手伝いをする

 薬剤を調合したり、患者さんに処方するのは薬剤師の仕事になります。この薬剤師の補助的な仕事を行います。例えば、薬代の徴収や特定の患者への薬の宅配なども調剤薬局事務の仕事となります。また、薬局内の掃除や電話対応等も調剤薬局事務の仕事となります。

調剤薬局事務で働くメリット・デメリット

調剤薬局事務の仕事は、特に年齢に関係がないため、調剤薬局や薬剤師との相性が良ければ、長期的に働くことができます。また、調剤薬局事務の方は一般的にパートタイマーが多いため、時短勤務など働く時間をある程度、自由度あることにメリットがあります。まだ子供が小さく、保育園で熱を出したりしたとき、臨機応変な対応が取りやすい職場となります。また、長い間薬剤と接しておりますので、薬剤の情報に詳しくなることができます。その反面、自由度も高く、大きな責任がないので、収入は割と低めなのが、残念なところかもしれません。また、患者は体調を崩して、薬を貰いに来ているので、素早く丁寧に、仕事をこなさなければいけません、医療関係の仕事となりますので、患者に間違って他の患者の薬を渡してしまうなどの間違いは絶対に厳禁です。

≪まとめ≫

調剤薬局事務の仕事は、比較的きつい仕事ではありません。職場の人間関係が良ければ長く続けられる仕事のように思えます。但し、収入は比較的少なめ名のが残念なところですが、仕事を正確に熟せるような方に向いている仕事のように思えます。いろいろな病気な人と接しますので、衛生面には気を付ける必要があります。最後に健康、体力に自身のあり、奉仕の気持の強く持っている方にお勧めな仕事と思います。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから