就職、転職に有利な資格、宅地建物取引主任者ってどんな資格?

宅地建物取引主任者って、どんな資格ですか?

宅地建物取引主任者とは、不動産業が宅地や建物を販売する時に、取引の重要な事項の説明を購入者にしなければなりません。その説明を行う人が、宅地建物取引主任者になります。従って、不動産を取り扱う事業者には、宅地建物取引主任者が必ず1人以上はいなければなりません。

宅地建物取引主任者しかできない仕事があります

宅地や建物の販売取引には、法律で規制された事項が沢山あります。この取引に専門的な知識を持った宅地建物取引主任者にしかできない仕事があります。その仕事を下記のように説明致します。

土地や建物の売買に関する重要事項の説明を行う

宅地建物取引主任者は、土地や建物の売買契約が成立する前に、契約内容に関する重要事項の説明を行なわなければなりません。土地建物を購入する人に解りやすいように説明をすることを、義務付けられております。土地建物の売買契約に関する確認事項は、300を超える項目があり、丁寧に解りやすく、説明をすることが必要となります。

重要事項説明書への署名捺印を取り交わす

宅地建物取引主任者は、土地建物の売買取引に関する重要事項を説明する必要がありますので、説明に対して責任の所在を明らかにするために、重要事項説明書へ署名、捺印を行います。この署名捺印がなければ不動産取引を行う事は出来ません。

契約内容記載書への署名捺印を取り交わす

土地建物の売買契約を行う場合、後々の紛争を防ぐことを目的に、不動産取引に関する契約書を発行します。宅地建物取引主任者は、その契約内容に不正や誤りはないことを確認して、その責任の所在を示すために、契約書に署名捺印を行います。この行為も、不動産取引を行う上で、必須の物となりますが、重要事項説明書のように、宅地建物取引主任者の説明は行わなくても構いません。

宅地建物取引主任者の資格は、不動産業界以外にも就職に有利になる

宅地建物取引主任者は、不動産の取引には、欠かせない資格ですので、不動産関係の会社への就職や転職には、大きな武器となります。また宅地建物取引主任者は、住宅ローンを組む際に不動産に関する適切な知識を持っているので、金融業界などでも有利になる資格となります。

≪まとめ≫

宅地建物取引主任者は、受験資格がありませんので、大卒でなくても構いませんし、企業での経験の必要もありません。独学で合格することも可能な資格で比較的低コストで取得ができる国家資格になります。不動産や民法を学ぶことにより、企業からの需要の高い資格になります。皆さんも、チャレンジしてみては如何なでしょうか?

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから