非正規労働者、派遣と請負の違い

労働者に対する契約形態に大きな違いがある

派遣労働者は、派遣元の企業に登録を行い、その登録内容を基に派遣元の企業から派遣先の企業へ派遣されて雇用契約書や就業条件明示書に記載のある条件の下、派遣先の指揮命令を受けながら仕事を行っていきます。これに対し、業務請負契約は、請負った業務を行う請負業者の責任の範囲で作業を行う形になります。従って、事業主は、業務請負業者に対して、仕事の進め方も含め、定期的な報告を求めることは出来ますが、一定の裁量を持って業務請負業者に仕事を任せなければなりません。つまり、行う業務に対する指揮命令権と責任の所在に大きな違いが生じるのです。

派遣と請負の違い

派遣労働者は、派遣先から指揮命令を直接受けて、作業を行いますので、一般的な納品物は勤務実績表だけで他には何もない形になります。請負作業の場合は、事業主と請負業者の間で、定期的な進捗報告や請負業務の完成を証明するための納品物を納期通りに収め、承認を得ることによって完結することが、絶対条件となります。従って、請負業者は納期や工数の調整等で作業要員を増やしたり減らしたりする裁量まで任せられるのが一般的です。この際、業務請負契約を結ぶ前に、再委託を禁ずるか否とか、作業場所等、契約条件を決める形となります。

派遣労働者のメリット

派遣労働者は、派遣元の企業から派遣先の企業に特定の仕事を依頼されて仕事を行います。従って、派遣労働者は、派遣元の企業と取り交わす雇用契約書や就業条件明示書に記載された条件の範囲で仕事を行ないます。正規雇用社員のように、雑務等を行う必要はありません。また、派遣労働者は、派遣元の企業との雇用契約により社会保険や労働保険に加入することが義務づけられております。

請負業者のメリット

請負業務は、事業主から請負った業務をある程度自由な裁量で業務を遂行できる契約形態です。業務請負をする前に、定期的な報告や、再委託の有無等条件を決め、この範囲であれば、請負業者の裁量で作業を進めることが出来ます。システム系の仕事などで、良くあるケースですが、流用できるシステムを既に持っていて、請け負った事業主用にカスタマイズすれば出来てしまうような仕事もありますので、このような場合は、大きな利益を生むことができます。しかしながら、見積もりが甘かったり、予定通りに作業が進まなかった場合など、全て請負業者の責任で事業主との約束通りに、納品物を収めなければなりません。予定外の工数が発生して、人員を増やし、赤字になるようなこともあります。請負業務は、上手くいけば利益も大きいですが、反面失敗すると大きな赤字を作ることになりますので、注意が必要となります。

≪まとめ≫

上記に記しましたように、派遣と請負とでは契約形態に大きな違いがあります。派遣の場合は、指揮命令権が派遣先の企業にありますので、利益の観点で考えますと、1人月の差益分しかありません。しかしながら、業務請負はある一定の条件の下で、請負業者の裁量に任せてもらえますので、効率よく業務を行うことが出来れば、大きな利益を生むことができます。その反面、失敗をすると責任は請負業者側にありますので、大きな赤字を出すことにもなります。業務請負を行う場合は、請負う業務の要件をしっかりと固めて、基本設計を行い事業主の承認を得てから行うようにして下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから