製造業に派遣した場合、仕事内容はどんなものがあるの?

製造業のイメージは?


製造業といえば、以前は派遣切りといわれる雇用問題が多発したことで注目を浴びたことのある業界の1つです。

そういった背景もあり、製造業には派遣社員などの正社員以外が占める比率が高いと思われていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

また、実際に製造業の派遣社員となった場合、どの様な仕事内容なのでしょうか?

製造業で働いている人は派遣が多いの?


実際のところは、製造業の非正規雇用人員が占める比率は約25%となっており、産業全体での非正規雇用人員は約40%なので、派遣社員の数としては平均よりも少ないのが現状なのです。

しかし、その一方で製造業は、派遣社員の派遣先としては第2位に入っています。

つまり、製造業に携わる人員は他の産業と比較して多いため、派遣社員の人数は多いものの、割合としては決して多くなく、むしろ正社員の人数が多いということになります。

製造業の仕事内容は?


製造業といっても、派遣先よっても違いがあり、また職場ごとに大きく環境が異なります。
基本的に工業製品を作成する場合は男性が多く、食品などの工場は女性が多い傾向があります。

雇用形態は正社員と派遣社員の他にも契約社員、パートなどがあり、稼働時間に合わせてシフトを組むことが多く24時間製造を続けていることも少なくはありません。

製造業のイメージとしてはラインに立ち、ベルトコンベアで運ばれてきたものを流れ作業で加工する、というイメージが強いかもしれません。

しかしそのほかにも機械を操作する役割の人や、製品の品質を確認する検品作業を行う人、工場内で大きなものを運搬するフォークリフト作業を行う人、そして全体を管理する人がいます。工場では多くの場合、分担作業の形を取っています。

また、素早く正確に作業を行うにはその作業に対するコツが必要となるので、すぐ違う部署に異動する、ということは少ないようです。

どうしても製造業の場合、仕事のコツをつかむまでは作業スピードが遅くなるので、長く同じ仕事をして作業に対する理解を深めていくため、正社員でなくても同じ職場に長く勤めることができる場合が多く、派遣社員や契約社員でも長年勤めている人は少なくありません。

製造業の魅力は?


製造業というのは、モノが溢れる豊かな社会を支える仕事です。
お店で、自分が製造に携わった製品を手に取る人を見ると自分の仕事に誇りを持てる、という人もいます。

また、製造業は新しい技術が使われることが多いため、新しい技術を見るのが好きな人にとってはワクワクする派遣先となるでしょう。

まとめ


毎日同じような作業を行うため、繰り返しの作業が苦にならない、という人は製造業が向いているでしょう。

製造という仕事は単調に見えますが、色々な魅力があります。人々の幸せな仕事に貢献する仕事なので、興味がある人はぜひやってみましょう。

派遣会社ランキングでは、製造業の特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

 

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから