今、再注目を浴びている日商簿記という資格とは?

昔とは変わってきている、簿記のイメージ


日商簿記、通称、簿記という資格は、商業高校出身者が持っているイメージでしたが、最近は多くの企業で社員が簿記検定の資格取得を目指すことを奨励しており、大学や短大の推薦入試や単位認定の基準としても採用されています。

また、ビジネスの基本ともいえるコスト感覚も身に着けることができるため、経理を担当する社員だけではなく、営業や管理職、社長などすべての社会人が簿記の資格を持っていることが望ましい、といわれている時代になっています。

今回は、いま改めて注目を浴びている日商簿記という資格についてお話します。

日商簿記とはどんな資格なのか?


持っていると就職・転職に有利な資格の一つに、日商簿記があります。

日商簿記は日本商工会議所が認定している資格で、1級、2級、3級、初級とあります。

簿記というのはどんな企業であっても必要とされる資格で、毎日の経営活動を記録・計算・整理して経営成績と財政状態を明確にするためのものです。

簿記を理解することで企業の経理事務に必要となる会計知識や財務諸表を理解するための力、基礎的な経営管理や分析力を身に着けることができます。

専門的に経理業務を行う人にとっては、将来的に公認会計士や税理士等の国家資格を目指す場合にキャリアアップのため簿記の資格を持っていることが必須ともいえます。

日商簿記を取得するには?


日商簿記の資格を取得するには、日本商工会議所による試験を受けて合格しなくてはいけません。
試験は1級の場合は年2回、2級、3級は年3回行われています。

また、簿記初級はネット試験となり、定められたパソコン教室などで試験を受けることになります。
簿記初級の試験に関しては各ネット会場ごとに日程が異なる為、それぞれ問い合わせてください。

もし経理職を希望するのであれば2級以上、専門ではないものの、事務仕事が多い場合は3級以上を目安に取得を目指しましょう。

また、事務が専門ではない場合も簿記初級を持っていることで評価される場合もありますので、まだどんな仕事になるのかわからない場合でも、簿記初級を取得することは損にはなりません。

簿記というものがよくわからないという人は、まず簿記初級の勉強をして基礎を学び、興味が出たらさらに上を目指していく、という方法で簿記に関する理解を深めるのも悪くないかと思います。

まとめ


どんな資格でも、仕事において必要とされる資格かどうかをきちんと考えることが必要となります。

実務経験がない場合は、その資格を持っていることでどの程度の戦力となるかの目安になり、実務経験がある場合は、持っている資格がその経験による実力を裏付ける材料となります。

役に立ちそうな資格はなるべく取得しておきましょう。

そういった意味では、日商簿記という資格は、どんな業種でも必要とされる為、取得しておくことに決して損はない資格の1つと言えるでしょう。

派遣会社ランキングでは日商簿記のほか、転職や就職の際に有効な資格についても紹介しています。
詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから