資格にはどんな種類があるの?

国家資格とは


就職するため、もしくは働いてからのスキルアップ・キャリアアップのために資格の取得を考えている人は多く、その種類も様々です。

しかし、一口に資格といってもその種類は多く、どの資格を取ればいいのかわからない場合もあるでしょう。

そのため、まずは資格の種類についてきちんと知っておきましょう。

一般的に資格となるものは国家資格、公的資格、民間資格、国際資格の4種類に分類されます。このうち国際資格に関しては少々特殊な立ち位置となっています。

国家資格に分類されるものは、日本の法律に基づいて認定される資格です。
その判定は国から委託された機関が行い、資格取得の条件は厳密に定められています。

国家資格はさらに細かく種類が分けられており、医師のように資格を持っている人だけが仕事をできる業務独占資格、栄養士のように業務自体は資格がなくても可能ですが、資格を持つことで特定の名称を名乗ることができる名称独占資格、宅地建物取引士など職場に一定の人数がいなければその職場で業務ができない必置資格と種類は様々です。

公的資格と民間資格、国際資格


公的資格は、主に公益法人や地方自治体によって認定される資格です。
認定基準は大臣や所轄官庁によって定められているため、社会的信用度は国家資格に準じています。

公的資格には日商簿記検定や実用英語技能検定、日本漢字能力検定、秘書検定などがあります。

一方、民間資格は民間の団体が試験を行って認定する資格です。

民間資格の社会的信用度はその資格によって異なり、公的資格に負けない信頼度があるものもありますが、持っていても特に意味がない種類の資格もあります。

これは、民間資格に関しては法律で制限されていないので、誰でも資格を作れてしまうという現状があるためです。

そのため、民間資格を取得する際にはあらかじめ下調べをしておかなくてはいけません。

国際資格は明確な定義があるわけではなく、上記3種類に含まれるものがほとんどです。

他国でも通用するようなものが国際資格と呼ばれるので、例えばTOEICは民間資格ですが、同時に国際資格としても扱われる代表的な種類の資格です。

まとめ


資格には様々な種類があり、業務によっても必要とされる資格は異なります。
自分の目指す仕事に沿った資格を取得すれば有利になりますが、関係ない資格を取得しても意味はありません。

その資格が自分の仕事に役立つかどうかをしっかりと見極めてから資格取得を目指しましょう。

派遣会社ランキングでは資格のほか、様々な職種の特徴についても紹介しています。
詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから