なぜ介護業界は低待遇なの?その原因と改善方法

なぜ介護業界は低待遇なのか?


介護士として介護業界で働く場合、まず出てくる不満は「待遇の悪さ」でしょう。

地域や施設によって異なりますが、給料面で言えば、介護士は一般的な会社員と比較して、平均年収が100万円以上低いといわれています。

もちろん、介護士として長期間勤め続けることでベースアップがあり、更に資格を取る事で、給与面の待遇が向上します。

しかし、なかなか介護士として長く勤務を続ける人が少ない為、給料面での待遇が向上されていくことを実感できる前に退職してしまう、というパターンが非常に多いのです。

なぜ、介護士として長く勤務を続ける人が少ないのでしょうか?

それは、業務内容自体が重労働であることが大きな理由です。

特に特別養護老人ホームなどは、自分で動くことができない入所者の割合が多い為、毎日何人もの人を介助しなくてはいけません。

そのため腰痛などになる人も多く、体力的にも耐えきれないという人が多いのです。

また、少人数で多くの入所者を介助する夜勤も体力的につらくなる理由です。

老人ホームの介護では、おむつ交換やトイレ介助なども多く、そうした介助に耐えられないという人もいます。

更に、入所者が亡くなる場合もあり、何人もの入所者を見送るのがつらい、という人もいます。

こうした理由から、介護業界は離職率が高くなり人手不足になりやすい環境が生まれ、低待遇に繋がってしまうのです。

介護業界で働く際の注意は?


それでは介護業界で働く場合、どういった点に気をつければいいのでしょうか?

先ほどもいったように、確かに上記の理由で介護職は待遇面で問題を抱えているのですが、施設によっては待遇のいいところもあります。

しっかりと複数の施設で条件を見比べ、納得のいく待遇の施設を選びましょう。

他にも、介護職で給与を高くする方法があります。

例えば、資格を取得することによって管理職になったりケアマネージャーになると、給料が上がり易くなりますので、まずはこうした役職を目指していきましょう。

また、資格を取ると給与に手当がつく場合もあります。

施設によって手当のつく資格は異なるため、自分が勤める施設ではどの資格を取ると有利になるのかを調べてみましょう。

そして最もシンプルな方法としては、やはり長期間勤め続けることです。

長く勤めるとベースアップもあり、ボーナスなども増えていきます。
勤務を長く続け、その間に資格を取ってキャリアアップを目指していくことで収入を増やすことができます。

最初の給与が安いことで諦めず、自分から動いて待遇を改善していきましょう。

まとめ


介護業界は全体的に待遇があまりよくないと言われていますが、自らがアクションを起こし改善できることも幾つか有ります。

中には、精いっぱい介護業界の待遇を良くしようと努力している施設もありますので、諦めず、まずは資格を取得したり、自分が納得できる施設を徹底的に探してみることも必要かも知れません。

派遣会社ランキングでは、介護業界の特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

 

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから