就職や転職に役立つ資格、MOSとは?

MOSとは?


MOSとはマイクロソフトオフィススペシャリストの頭文字をとったもので、エクセルやワードなどマイクロソフトオフィスの利用スキルを証明するためにマイクロソフトが認定する、就職や転職の際に非常に有利に働く国際資格です。

現在は、ほとんどの職場でパソコンが使われており、主にマイクロソフトのワードやエクセルを利用しています。

今では、パソコンを使ったことがない人は殆どいないと思います。

ただ、ワードやエクセルに関しては基本的な操作ならわかるものの、少し複雑な操作になるとわからない、という人も多いでしょう。

そのため、面接でワード、エクセルが使えると答えたとしても、果たしてどの程度使えるのかということを説明するのは大変難しいと思います。

しかし、就職や転職の面接でMOS資格取得をアピール出来れば、それはパソコンスキルを客観的に証明できることになり、パソコン操作に関しては即戦力になれることを志望する会社に対し簡潔にアピールすることができます。

MOSは、それくらい就職や転職の際には有利な資格となっています。

MOSを取得するには?


MOSを取得するには、全国一斉試験か随時試験のいずれかを受験して合格する必要があります。

全国一斉試験は毎月1~2回行われていて、全国の複数ある会場の中から選び申し込みます。
それに対し、随時試験は主にパソコン教室で行われることが多いです。

試験日は各会場で異なりますので、直接確認して申し込んで下さい。
どちらの方法で受験したとしても、合格した場合は同じ合格認定証が発行されます。

また、オフィスにはいくつものバージョンがありますが、MOSはバージョンごとに試験が異なるので、特に自分が使いこなしているバージョンに合わせて受験したほうがいいでしょう。

MOSには2つの種類があります。

一つは通常の操作で、最低限必要なスキルを証明するスペシャリストレベルと、さらに応用的な操作ができることを証明するエキスパートレベルです。

特にエキスパートレベルに合格していれば、就職や転職時には十分なPCスキルを持っていることをアピールできる資格となるでしょう。

また、MOSにおいてワードやエクセル、パワーポイントの3つに加え、アクセスやアウトルックなども使えることをアピールできる、MOSマスターという称号もあります。

これもオフィスのバージョンによって異なってきます。

まとめ


MOSは必須の資格ではありませんが、取得していれば、就職や転職時に堂々と言うことができるので、面接官に好印象を与えることができる資格です。

もしも、就職や転職時にパソコンのスキルをどう伝えるべきか悩んだことがある人は、MOSという国際資格を取得すれば答えやすくなるでしょう。

就職や転職の際に有利に働く資格、MOSの取得を検討してみてもいいかも知れません。

派遣会社ランキングではMOSのほか、転職や就職の際に有効な資格についても紹介しています。
詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから