女性に人気のある、アロマセラピストってどんな仕事?

なりたい人も利用者も女性が多いアロマセラピスト

アロマセラピストは、天然成分を使用したアロマテラピー(芳香療法)を行う職業です。

香りを使ったヒーリング効果によって、身体をリラックスさせたり、ストレスを取り払って身体の不調を改善させる治療法です。

アロマセラピストに従事しているほとんどの方が女性で、非常に人気のある職業です。

しかし、民間資格でということもあり、知名度はまだ低く、社会的な地位は確率されていないというのが現状です。

ストレス社会と言われている現代社会の中で、アロマセラピストの需要はこれからも増え続けるということが、ある程度予想されます。

多岐に渡る働き方も魅力

アロマセラピストはアロマ専門店に勤務し、知識を生かしてアロマ販売を行うものもあります。

また、その場で利用者の相談を受け、アロマの使い方をアドバイスします。

アロマセラピストの働き方として多いのは、エステティシャンに近いようなマッサージの知識、トリートメントの技術を生かした、美容サロンで勤務するというパターンです。

サロンに訪れた人に対して、アロマを使った施術を行います。

医療機関では、直接患者に触れるような施術はできませんが、待合室などにアロマテラピーを取りいれるところも増えてきています。

そのような現場でも、アロマセラピストが活動する場というのは増えてきています。

民間ですが、アロマセラピスト関連の資格があり、サロンや施設で経験を積んだ方であれば、後続を育成するアロマスクールの講師として従事しているという方もいます。

アロマセラピストの資格はあるの?


アロマセラピストという職業には、国家資格は設けられていないため、なりたい人はすぐに名乗ることができます。

しかし少なからず、人の心身に対して影響を与えるものですから、ある程度の知識を持っておくことは大事でしょう。

アロマ関連の民間資格として国内の受験者がもっとも多いのは、日本アロマ環境協会が実施している「アロマテラピー検定」です。

環境大臣の許可の元、公益社団法人が実施しているので、アロマセラピストとして活動するにはとても価値のある資格になるでしょう。

その他にも「アロマヒーリングセラピスト」や、「アロマライフインストラクター」など、民間のアロマ系資格は多いです。

まとめ

アロマセラピストは民間の資格ではありますが、取得する事で、活動するときの肩書として利用者への信頼性を高めることができます。

少しずつではありますが、社会での活躍の場が増えつつあり、今のストレス社会にマッチした資格ではないでしょうか。

派遣会社ランキングでは、アロマセラピストの特徴以外にも様々な資格について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから