転職に有利な資格、FP技能士とは?

転職の際に有利とされる、FP技能士の仕事内容は?

FP技能士とは、資産運用を考えている人に対して、生命保険・医療保険の見直しや、株式投資や国債などの相談に乗りアドバイスをしたりすることが、主な仕事内容です。

例えば、株式投資を勧める場合は、リスクをなるべく抑える運用方法をアドバイスしたり、長期運用で安定した利益を出すにはどうすれば良いのか、という事の相談に乗ったりと様々です。

また、不動産投資や積立投資を提案する場合もあり、可能な限りリスクを回避しながら安定して利益を上げていく方法をどれくらいアドバイスができるか、という点がFP技能士の手腕の見せ所でもあります。

FP技能士、と聞くと少し聞きなれないかも知れませんが、世間一般的には、ファイナンシャルプランナーと言われています。

ファイナンシャルプランナー系資格は、国家資格・民間資格もある

実は、ファイナンシャルプランナー系の資格は、国家資格以外にも民間資格が存在します。

しかし、多くの専門知識が必要となる為、ほとんどの場合は「FP技能士」などの国家資格を取得し活動する人がほとんどです。

FP技能士は、1級~3級の三段階に分けられており、1級が1番価値の高い資格ということになります。

「一般社会法人金融財政事情研究会」、「特定非営利活動法人日本ファイナンシャルプランナーズ協会」という2つの団体が実施しており、どちらが実施するものを取得しても、FP技能士としての資格に差はありません。

学科試験と実技試験、両方に合格する必要があり、2級と3級の学科試験は、2つの団体が同じ試験日に、同じ問題内容で実施されています。

FP技能士は就職後に取得するパターンが多い

FP技能士の資格は、就職後に取得するという人がとても多く、その理由としては、FP技能士有資格者でなければ会社の業務や営業活動ができない、というパターンがある為です。

例えば、生命保険のセールスマンやセールスレディがそれに該当します。

FP技能士有資格者でなければ、商品である様々な保険をお客様に提案し、販売することができません。

更に、1級FP技能士は取得すれば、かなり転職や就職の際にプラスに働く事になります。

かなりレベルが高くなるため、1級FP技能有資格者はとても少なく、会社としては幅広く高いスキルの仕事を任せることができ、とても重宝するからです。

また、転職する場合でも、1級FP技能士などの資格があれば、知識量を大いにアピールできる材料にもなります。

まとめ

以上のことを踏まえると、FP技能士は様々な職業の場で必要とされている資格である事が分かりますね。取得して決して損はない資格と言えるでしょう。

また、将来的に独立を目指しているという人であれば、難易度の高い1級FP技能士を取得する事で、顧客の信頼度を上げることもできる有益な資格となるでしょう。

派遣会社ランキングではFP技能士ほか、転職や就職の際に有効な資格について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから