惹く手も数多、中小企業診断士は転職に有利な資格

経営コンサルタント系唯一の国家資格

中小企業診断士は、経営コンサルタント系の資格の中で唯一の国家資格であり、取得していると、転職の際は各段と有利に働きます。

さまざまな企業に当てはまる、売上を伸ばしてコストを減らし、利益を向上するにはどうすれば良いのか、というテーマに対して適切な提案を行っていくことが、中小企業診断士の仕事です。

中小企業診断士は、あらゆる企業や業界に対する知識が必要となるため、取得していると、社会的にも高く評価され、結果、必然的に転職にも有利に働くのです。

試験には、販売や会計、マーケティング、生産管理など、様々な分野から出題されます。

資格取得への過程がそのまま実務に直結する

中小企業診断士の特徴は、資格を取得するまでに学んだことをそのまま実務に直結させることができる、という点です。

中小企業診断士の資格を取得する際には、その過程で非常に多くの知識を学ぶことができる為、転職でも即戦力として活躍できる可能性が非常に高い資格だと言えるでしょう。

更に、ある程度、上の立場として迎え入れられることが多い傾向にあります。

中小企業診断士は一般企業だけではなく、コンサルティング系企業への転職にも有利な資格なので、経営のエキスパートとして活躍できるでしょう。

また、中小企業診断士の資格を持っていると、転職に有利なだけではなく、企業のセミナーや社内研修などにおいて、専門家としてアドバイスをしたり、講演活動もすることができます。

つまり中小企業診断士は、一般企業に転職する場合のみならず、様々な場面での活躍が期待できる、社会的に信用のある資格なのです。

人材不足の今が資格取得のチャンス

中小企業診断士は取得にあたり、あらゆる企業や業界の幅広く深い知識が必要とされる為、有資格者が少ないのが現状です。

全国には160万社以上の企業がありますが、それに対して中小企業診断士は僅か18,000人程度しかいません。

企業全体の9割が中小企業であることを考えても、人材不足ということは否めません。

このような中小企業診断士の不足を受けて、2006年の資格試験から、科目別合格という制度が適用されました。

この改正により、以前よりも受験のハードルが下がり、門戸が開かれるようになりました。

ただ、その影響で合格者が増えると、再び資格の難易度が見直される可能性もありますので、人材不足の今が資格取得の狙い目と言えるでしょう。

まとめ


以上を踏まえると、中小企業診断士を取得する事によって、転職のみならず、様々な分野での活躍が期待できる資格である事が分かると思います。

取得にあたり、様々な知識が必要となる為、多少、難易度は上がりますが、機会が有れば取得を考えてみても良いかも知れません。

派遣会社ランキングでは中小企業診断士のほか、転職や就職の際に有効な資格について紹介しています。
詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから