敢えて正社員ではなく、派遣社員として働くメリットとは?

正社員と派遣社員のイメージ

一般的に、正社員は仕事が良くでき安定的で、非正規雇用の人はあまり仕事ができなく不安定、というイメージがあると思います。

それには、どうしても社会的立場の面で正社員の方が上という印象があり、そのイメージに引っ張られているという現状が関係していると考えられます。

しかし実際にはそんなことはなく、今では派遣社員にメリットを感じ、自ら希望してなっている人も沢山います。

では、派遣社員のどの様な点にメリットを感じているのでしょうか?

まずここで断っておきたいのが、今回のお話で対象となっている人は、「正社員になれるのに、自分で派遣社員にメリットを感じて選択している」という人達です。

従って、いろんな事情で正社員雇用に至らないという人とは、少し意味合いが異なってきます。

会社中心の生活になりたくない人は多い

多くの人の考えは、学校を卒業した後は、正社員で就職するべきだというものでしょう。

しかし、正社員になってしまうと、日々、会社中心の生活になってしまいやすいのも現実です。

そういった、仕事中心の生活を送りたくないという理由で、正社員として働けるのにも関わらず、派遣社員を敢えて選択する人が増えています。

つまり、派遣社員になる事で仕事に追われることなく、自分の時間を確保できることができることをメリットとして考えている人達です。

派遣社員であれば、正社員に比べ残業や長時間労働が少なく、休みもしっかり取りやすいというメリットがあります。

また、派遣社員は会社で行う飲み会や社員旅行などにもあまり参加する必要がなく、人間関係を上手く構築できない人にとっては、その点もメリットとなっているでしょう。

何れにせよ、現代社会では、このように「会社にどっぷり浸かりたくない」と考える人が非常に多く、派遣社員の割合が増えている理由の1つとなっています。

この様に、会社での自分への負担を軽減し、生活スタイルを確立しながら効率良く稼げることを派遣社員のメリットと考えている人も増えてきているのです。

守ってもらえるというのも派遣社員を選ぶメリットの1つ?

例えば、派遣契約の内容にない業務を強制的に依頼された時は、「派遣会社を通してください」と意見することができます。

しかし正社員の場合、自分の意思とは関係なく会社の決めた方針に従わなければいけません。

自分がやりたくないことを極力しないで済む、「派遣会社が守ってくれている」という理由も、派遣社員のまま働く人のメリットではないかと思います。

まとめ

企業という団体・組織に不適合な人が派遣社員を正当化している、という意見も有ります。

しかし大事なことは、必ずしも正社員になる事だけが正解なのではない、という事です。

自分のライフスタイルに合った雇用形態を考えてみてはいかがでしょうか。

派遣ランキングでは、派遣でお仕事を考えている人たちに有益な情報を定期的に更新しています。

その他の情報に関してもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから