今注目を浴びている仕事、終活アドバイザーってどんな仕事?

終活は人生の最期に向けての準備

終活とは、人生の最期に向けての身辺整理や準備を行うことを言います。

近年、この終活に注目が集まっていて、認知度も徐々に上がってきています。

自分の人生を自分で見つめ、最期を迎えるまでに自分らしく豊かに生きよう、という考え方が一般的になっています。

終活アドバイザーとは、簡単に言えば終活設計の専門家です。

葬儀やお墓の決定、遺産相続や資産の管理、医療や介護費用など、人生の後半は、いろんな準備をしなくてはいけません。

その様々な準備に対して起こる課題に、終活アドバイザーが対応していく事になります。

人生の最期までのライフプランを設計・アドバイスをしながら、最高の人生を歩んでもらう為にサポートすることが、終活アドバイザーの大きな役割です。

しっかり終活アドバイザーを名乗って活動するには、資格を取得する必要があります。

終活アドバイザーはこれからもニーズが増える⁈

現代の日本では、平均寿命が長くなり、少子高齢化が進んでいます。

高齢化率(65歳以上の人口割合)は、WHOの定義によると、7%以上で高齢化社会、14%以上で高齢社会、21%以上で超高齢社会とされています。

現在の高齢化率は26%を超えており、4人に1人が65歳以上という、超高齢化社会となっています。

高齢者が増加しているということは、終活アドバイザーのニーズが年々高くなっているということが言えるでしょう。

社会の高齢化は、このまま上昇していくことが見込まれていて、2040年には36.1%にまで跳ね上がると言われています。

終活アドバイザーは、社会保険制度や、財産に関する法律の知識、さらには葬儀や供養などさまざまな知識が必要となる職業です。

終活アドバイザーは、介護職や葬祭業、金融業などさまざまな職業の人が、スキルアップのために役立つ資格でもあるのです。

今の職業のキャリアアップに

医療や介護現場で働いている方は、普段高齢者と接する機会も多いでしょう

現場の高齢者と話す機会を利用しながら、終活アドバイザーとしての資格を利用して、今後のライフプランに関する質問などに対しても、的確に対応できるでしょう。

金融業界、保険業界で働いている方は、保有している資格への付加価値として、終活アドバイザーの資格を生かすことができます。

また遺言、遺産相続などに詳しい法律関係の職業の方は、終活の相談を受ける易くなり、仕事の幅が広がるでしょう。

まとめ

以上のことを踏まえると、終活アドバイザーはニーズが高く、これから社会的な地位も順調に上がっていくことが予想できます。

また、キャリアアップも見込める、将来性のある資格と言っても過言ではありません。

是非、取得を考えてみて下さい。

派遣会社ランキングでは、終活アドバイザー以外にも様々な資格について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから