派遣の求人状況が、良くなっているのは本当?

景気自体は回復傾向にある

2017年の9月8日に、内閣府によって「景気ウォッチャー調査」が発表されました。

景気ウォッチャー調査とは、小売店やタクシー運転手、レジャー業界など、景気に大きな影響を与える職種にインタビューを行い、そこからはじき出された景気の指標で、派遣の求人状況を示す材料の1つとなっているものです。

5段階評価で回答をしてもらい、それを平均化して指数にします。

現在の経済状況は、良くもなく悪くもなく、といった感じで、未来的には徐々に上昇するという発表がされました。

派遣社員の求人状況の推移

景気回復に伴って、派遣社員の求人状況、仕事環境はどんな風な変化があるのでしょうか?

人材採用会社の「エン・ジャパン」は、運営している派遣の仕事まとめサイトである「エン派遣」で、サイト利用者1840人を対象に、求人状況に関するアンケートを取っています。

最近の派遣求人の状況を、どのように感じているか?というアンケートに対して、回答者の36%が「以前より良くなった」と回答しています。

それを過去のデータと比べてみると、「良くなった」という回答は次のように推移しています。

・2011年→10%

・2012年→17%

・2013年→22%

・2014年→23%

・2015年→28%

・2016年→33%

・2017年→36%

 

少しずつではありますが、派遣社員の求人状況の状況は、7年連続で右肩上がりになっていることが分かります。

実際に派遣の求人状況を見ている方の意見ですので、かなり信憑性のあるデータと言えるでしょう。

どうして派遣の求人状況が良くなったと感じる人が多いの?

派遣の求人状況が良くなったと感じた理由には、以下のものがありました。

・同率1位・・・時給、給与が以前より上がっている(53%)

・同率1位・・・勤務曜日や時間、契約期間などの選択肢が前より増えた(53%)

・3位・・・職業の情報件数が増えた(48%)

時給のアップに関しては、同じ職種でも、以前より100円~300円も高くなっていると、実感している人が多いようです。

勤務の曜日や時間の幅が増えたという点で言うと、「子育て中に自分の時間に合ったところを探したら、意外と多く見つかったと」いう意見や、「週3日などの短期の求人は、以前あまりなかったので、選択肢が増えたように感じる」という意見が多いようです。

まとめ

以前は派遣の求人ではなかった職種も、現在は増えてきている状況で、派遣で働きたい方にとっては、現在、とても良い求人状況だと言えるのではないでしょうか。

その様な観点で考えると、以前に比べ、派遣の待遇が良くなってきていると言っても過言ではありませんね。

派遣ランキングでは、派遣でお仕事を考えている人たちに有益な情報を定期的に更新しています。

その他の情報に関してもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから