家電製品アドバイザーってどんな資格?

社会のデジタル化、ネット化に対応する家電製品アドバイザー

家電製品は、インターネットと繋がっているのが一般的になり、最先端技術の進歩によってより便利な機能も追加されてきています。

その一方で、家電製品を使いこなすことが徐々に困難になり、プロフェッショナルの存在が注目を集めています。

家電製品アドバイザーは、家電の販売や営業、そして接客に関するプロフェッショナルで、家電量販店だけでなく、製造メーカーにおいても重宝される存在です。

家電製品のセットアップなどの使用方法だけでなく、家電の不具合や廃棄の方法などについても的確にアドバイスをし、これからの家電業界には必要な資格と言えるでしょう。

合格条件とランクについて

家電製品アドバイザーは、最低限の販売実務の知識、接客のマナーやコミュニケーション能力が必要です。

対象となる品目はAV情報家電、生活家電の2種類があり、受験資格は特にありませんが、どちらも深い専門知識が必要な試験です。

いずれの試験も200点満点で、140点以上取れば合格になりますが、点数によってグレードが分かれます。

家電製品アドバイザーの生活家電、AV情報家電では、180点以上で合格した場合、ゴールドグレードという特別な称号が与えられます。

また、同種の資格である家電製品エンジニアにもゴールドグレードで合格すれば、プラチナグレードという称号が与えられ、名実共に家電製品のプロフェッショナルと認められる形になります。

有効期限が設定されている珍しい資格

近年の家電製品アドバイザーの試験では、生活家電が21.4%、AV情報家電では23.1%という合格率になっており、決して簡単とは言えません。

3月中旬、9月中旬の年2回、東京や大阪を始めとする全国22ヶ所で試験が実施されています。

家電製品アドバイザーは、家電という日進月歩の業界の資格ですので、資格に5年間という有効期限が設けられています。

有効期限に更新しなければ、資格が失効してしまいます。

それだけ家電製品は常に新しい知識が必要なため、家電製品アドバイザーは転職にも需要が十分ある資格だと言えるでしょう。

まとめ

次々と新しい商品が発売される家電製品は、便利な反面、機能も複雑化し、取り扱いが難しくなっています。

そんなデジタル化やネットワーク化が進む家電業界において必要なプロフェッショナルが、家電製品アドバイザーです。

派遣会社ランキングでは家電製品アドバイザーのほか、転職や就職の際に有効な資格について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから