今話題の資格、メンタルヘルスマネジメントってどんな資格?

ストレス社会の現代で注目度の高い資格

メンタルヘルスマネジメントは、仕事で悩んでいる方たちのストレス解消をサポートしたり、心が不調になることを未然に防止する職場環境を作るための資格です。

現代では、仕事や日常生活に対して強いストレスを感じる方が増加しており、それを原因とした離職や休職も増加しています。

能力をしっかり発揮し、健康な心で仕事を続けるためには、このメンタルヘルスマネジメント(心の健康管理)が必要だという考えが、今とても浸透してきています。

メンタルヘルスマネジメント、心の健康管理を行うには、まずその職場で1人1人のストレスの原因を理解することが大切です。

また、メンタルヘルスマネジメントは、資格を取得している方だけではなく、企業側が人材の活性化を考えたり、社員が責任感のある仕事を実践できるように、組織的にも意識しなければいけない事でもあるのです。

3種の受験コースがある

メンタルヘルスマネジメント検定試験は、同じ試験日に全国15の都市で実施される「公開試験」と、企業などが場所と日時を指定して実施する「団体特別試験」という2種類の受験方法があります。

マスターコース、ラインケアコース、セルフケアコースと3種に分かれたコースがあり、各コースで受験の対象者が異なります。

マスターコースは、企業の上層部である経営幹部などが対象で、企業の中にメンタルヘルスマネジメントの考えを推進することが目的です。

ラインケアコースは、管理職の方が対象で、部門別・上司と部下の関係性におけるメンタルヘルスマネジメントの推進を行います。

セルフケアコースは一般社員の方向けで、組織の中で自分に対するメンタルヘルスマネジメントを行うことが目的で受験します。

しっかりと勉強、対策して受験することが大事

職場において、メンタルヘルスマネジメントの一環として労働安全衛生法に基づいて行われる、「ストレスチェック制度」が、2015年から実施されています。

民間資格で、誰でも受験することができ、企業においてとても重要なポジションを担うことになります。

それでも先ほどのマスターコース(Ⅰ種)は、合格率が10%前後と非常に低い為、知識を蓄えて試験対策をすることが重要になってきます。

まとめ

厚生労働省を始め、行政もメンタルヘルスマネジメント対策には力を入れており、ストレス社会を改善しようと動いています。

ストレス社会と言われている、現代社会にマッチしたニーズのある資格ではないでしょうか。

派遣会社ランキングではメンタルヘルスマネジメントのほか、転職や就職の際に有効な資格について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから