現代のペット社会が生みだした仕事、ペット介護士ってどんな資格?

医療の進歩で長生きするペットが急増

ペットブームが続いている昨今、医療技術の進歩や室内で飼いやすいという環境もあって、20歳前後まで長生きするペットも増えてきています。

ペット介護士は、そのような社会の状況から生まれたとも言える資格です。

ペット介護士を取得すれば、高齢になって介護が必要になったペットを適切に介護するためのスキルと知識を身につけることができます。

受験資格は設けられておらず、受験したい方は誰でも受験することができます。

ペットの高齢化が進む現場において、今とても需要が高まり、活躍できる場も増えてきている資格と言えるでしょう。

ペット介護士は動物を扱う多くの現場で活躍できる

ペット介護士が活躍できる場は、動物病院やペットシッターなどが一般的です。

老犬の介護を行うペットシッター、さらには老犬のデイサービスなど、人間の介護だけではなく、ペットの介護サービスも多くなっています。

ペット介護を行う現場では、ペットに関する正しい知識、健康面のケア方法、食事や排泄の補助など、多くの知識が必要となります。

さらには、ペットを介護するための施設だけではなく、ペット介護士が直接自宅に訪問する、ペットの訪問介護サービスを行っているところも有ります。

ペットを家族の一員と考える方が多く、ペット専用の墓石なども存在する現代ですから、ペット介護士はこれからも必要とされるでしょう。

飼い主が受験する場合も

前述のように、ペットを家族の一員として考えている方が非常に多いです。

ペットシッターや動物病院で働いていない方でも、高齢化したペットを自分で介護したいという方も増えてきています。

そう考える飼い主の方が、ペットの最期をしっかり看取ることができるように、ペット介護士の資格を取得しようと考える場合も多いのです。

通信教育スタイルで手軽に受験できる

民間資格で、会場で受験するスタイルではなく、通信教育で必要な講座を受け、ペット介護士として認定されます。

試験の内容は、犬や猫の生態・行動の特徴から、病気の早期発見の方法、しつけやトリミングなど、多くの知識が求められる内容です。

受講にかかる期間は、6ヶ月程度です。

まとめ

ペット介護士は、サービスの多様化と並行して需要が増えている、現代のペット社会にフィットした人気の資格と言えるでしょう。

派遣会社ランキングではペット介護士のほか、転職や就職の際に有効な資格について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから