コピーライターってどんな仕事?

コピーライターは言葉のセンスが問われる仕事

コピーライターは、商品や企業のキャッチコピーを考える仕事です。

コピーライターが作成したキャッチコピーは、コマーシャルやラジオ、ポスターや雑誌などで公開され、商品や企業を宣伝するために使用されます。

コピーライターには、短い文章で商品の特徴や企業イメージを表すような、高い表現力と語彙力が必要となります。

1つのキャッチコピーを考えるために、コピーライターは何十も何百もアイディアをひねり出し、洗練された言葉を作り上げていきます。

まずは広告代理店や制作会社への就職を目指す

コピーライターとして働くのに、特別な資格は必要ありません。

コピーライターを目指すなら、まず制作会社、広告代理店に就職するというのが、一般的な方法です。

まずは広告というものの仕組みを把握し、全体的な流れを掴んでから、徐々にコピーライターとして活動できるようになります。

広告代理店に就職するのは、4年制大学の卒業が必要資格になる場合が多く、このことが唯一、コピーライターに必要な資格だと言えるでしょう。

とはいえ、広告代理店に必ず就職しないと、コピーライターになれないというわけではありません。

広告代理店という業界は、非常に難関と言われている業界で、4年生大学を卒業していても、なかなか就職するのが難しいと言われている業界です。

また、一般公募されているキャッチコピーに応募して、賞をとるようなことがあれば、そこからコピーライターとしての道が開ける場合があります。

派遣社員の求人や養成学校もある

派遣社員でも、コピーライターの求人はあります。

通販会社や広告代理店、医療製品などジャンルも多彩で、いろんなキャッチコピーを考える仕事があります。

コピーライター養成講座というものも存在し、広告を製作するための基礎を学んだり、プロのコピーライターに話を聞くことができる場合もあります。

こういった仕事は、会社とのコネクションを作ることも大きなポイントとなります。

まずは派遣社員やアルバイトでコピーライターを行い、大手企業にコネクションができるようになるまで、ひたすら修行するというプランもあります。

まとめ

コピーライターは、努力も勿論ですが、運とセンスも必要とされる職業です。

それに加え、業界的にも決して門戸が開けている、というものではありません。

そういった面で、資格は必要ないとはいえ、コピーライターになるのは少しハードルが高いような気がします。

派遣会社ランキングでは、コピーライターの特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから