今、必要とされる臨床心理士とはどんな仕事?

依頼者の心のダメージを優しく包み込むことが臨床心理士の仕事

臨床心理士は、さまざまな心の問題を持った依頼者に対して、「臨床心理的技法」というスキルを用いて、悩みや問題を解決するための手助けをする仕事です。

ストレス社会と言われている昨今、臨床心理士は多くの場面で必要とされている職業と言えます。

臨床心理士は、依頼者に対して決して指示したり、命令してはいけません。

また、依頼者の意見に対して、否定的な言動も控えなくてはいけません。

臨床心理士は、まずはしっかり依頼者の話に耳を傾け、それがどんな内容であっても、理解と共感を示してあげることが前提の仕事となります。

依頼者が自分の問題をしっかり考え、自分の中で整理し、自分の中で答えを出していけるように、優しく導くのが臨床心理士の仕事なのです。

臨床心理士はどんな職場で活躍する?

先ほども紹介しましたが、ストレス社会の昨今では、臨床心理士が活躍する職場も増えています。

その中でも一般的なのは、学校で勤務する「スクールカウンセラー」でしょう。

学校の生徒から、人間関係に関する悩みや勉強に関する悩みを聞き、相談を受けます。

それだけでなく、教員や保護者などと話す場合もあり、自分では感情の整理が難しい生徒の問題解決に、あらゆる角度からサポートをしていきます。

あとは、病院の精神科で勤務する臨床心理士もいます。

うつ病など、精神的な病を専門に取り扱うクリニックで勤務する場合や、中には、臨床心理士として独立して仕事をする人もいます。

受験までの道のりが険しい「臨床心理士資格審査」

臨床心理士試験は民間資格のため、必ず取得しなければ仕事ができないという訳ではありません。

ただ、臨床心理士として仕事をするにあたり、転職や独立など、選択肢を広げたいという方は必ず取得することをおすすめします。

また、上述のように、臨床心理士が仕事をする職場の求人募集によっては、採用条件に臨床心理士の資格保有が記載されている場合もあります。

「日本臨床心理士資格認定協会」に指定されている大学院を卒業するか、他に指定されている大学院を卒業した後、1年以上実務経験を積むことが、臨床心理士資格審査の受験資格となっています。

受験までの道のりが非常に険しいですが、試験自体の合格率は60%前後となっていますので、狭き門という訳ではありません。

まとめ

臨床心理士は、需要に対して人材の数がまだ追いついていない職業で、これからもっと需要が増えて行く仕事と言えるでしょう。

派遣会社ランキングでは、臨床心理士の特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから