ツアーコンダクターという仕事について解説します!

ツアーコンダクターは楽しい思い出をより良いものにする仕事

ツアーコンダクターは、旅行会社が企画するツアーや、団体の旅行に同行して、現地で案内を行う仕事です。

旅行会社に勤務して、ツアーコンダクターとして働く場合の他、ツアーコンダクターだけを派遣する派遣会社や、フリーランスで仕事をもらう場合など、働き方は多岐に渡っています。

ツアーコンダクターは、自分が同行するツアーの内容が決定すると、現地の情報収集を行ったり、旅行客の情報などを確認します。

場合によっては、ツアーコンダクターが自ら現地に赴き情報を確認するということもあります。

旅行の出発前に、まずは旅行客のリストを確認して、全員集まっているかをチェックします。

さらに、旅行中の注意事項を説明し、海外の場合は入国・出国の手続きに対するサポートもします。

旅行中もツアーコンダクターは休む暇がない

ツアーコンダクターは、旅行中もほとんど休む暇がありません。

現地に到着すると、宿泊先へのチェックインの手続き、現地にいるスタッフとの打ち合わせを行います。

旅行客とともに観光地などを巡り、自由行動を取る際の注意点や、集合場所・集合時間の説明も行います。

旅行客が観光を楽しんでいたり買い物をしている間も、次のプランに対する事前確認を行ったり、要望に応えたりもします。

また、もし現地で旅行客の具合悪くなった場合などは、現地の病院を調べて対応するなど、臨機応変な対応力も求められる仕事です。

ツアーコンダクターになるために必要な「旅程管理主任者」

ツアーコンダクターになるためには、「旅程管理主任者」という資格が必要です。

旅行会社に就職した後、またはツアーコンダクター専門の派遣会社に登録した後に、研修や実務経験を行います。

その後、旅程管理主任者の資格を取ることで、晴れてツアーコンダクターとしてデビューできるというわけです。

「国内旅程管理主任者」、「総合旅程管理主任者」という2種類の資格があり、名前の通り前者は国内旅行のツアーコンダクターしか務めることができません。

総合旅程管理主任者は、国内外のツアーコンダクターとして働くことができるので、仕事の幅がグンと広がります。

まとめ

ツアーコンダクターは、どちらかと言えば、専門の派遣会社に登録して働くというのが、一般的なルートとなっている職業です。

時には旅を演出する、演出家的な要素も必要となってきます。

興味のある方は、是非、取得してみて下さい。

派遣会社ランキングでは、ツアーコンダクターの特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから