インテリアコーディネーターってどんな仕事?

インテリアコーディネーターはインテリアに関するアドバイスをする仕事

インテリアコーディネーターは、住居だけではなく、会社や店舗、施設などに配置するインテリアに関して依頼者にアドバイスをする、という仕事です。

インテリアコーディネーターは、インテリアに関する多くの知識が必要となります。

販売をする訳ではなく、あくまでコーディネートやアドバイスをすることが仕事なので、家具屋さんや雑貨屋さんとは少し意味合いが違います。

依頼者がお年寄りの場合、そして子どもが多い家族の場合など、要望は依頼者の数だけあると言っても過言ではない仕事です。

アンティーク家具のような雰囲気が好きな方、スタイリッシュな新しいインテリアを好む方など、すべての要望に、インテリアコーディネーターは的確に応えていかなくてはいけません。

自分が販売したいものを販売するのではなく、依頼者のイメージにぴったりのインテリアを選ぶことが、インテリアコーディネーターの役割です。

インテリアコーディネーターはどんな所で活躍できる?

インテリアコーディネーターは、住宅のインテリアのアドバイスだけ行うわけではありません。

住宅設備のメーカー企業で勤務する場合、自社が取り扱っている商品の知識も、十分頭に入れておく必要があります。

また、不動産会社に勤務するインテリアコーディネーターもいます。

分譲住宅を取り扱っている場合は、モデルルームのコーディネートを行ったり、フリーランスで働く場合は、平面図の作成まですることもあります。

意外と言ってはなんですが、インテリアコーディネーターは、必要とされている職場が多い職業なのです。

インテリアコーディネーターに必要な資格は?

インテリアコーディネーターが取得するべき資格は、社会法人インテリア産業協会によって実施されている「インテリアコーディネーター資格試験」です。

この資格がなくても、インテリアコーディネーターにはなれますが、取得していれば転職や就職には有利に働くでしょう。

試験には1次試験、2次試験があり、もし2次試験に落ちた場合でも、3年間は1次試験を免除されるので、何度でもチャレンジが可能です。

半年~1年程度の学習が必要と言われていて、決して簡単に取得できる資格ではありません。

まとめ

インテリアコーディネーターは、インテリアに関する幅広い知識を利用して、顧客に充実感のある、快適な生活を送ってもらうことが目標の仕事です。

活躍の場も以外に多く、センスに自信があり、インテリアに興味のある方は資格を取得してみてはいかがでしょうか。

派遣会社ランキングでは、インテリアコーディネーターの特徴以外にも様々職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから