保育士ってどんな仕事?

保育士は子どもの心身の成長をサポートする仕事

保育士は、保育所または児童福祉施設において、主に6歳までの幼児を預かって、保育を行うという仕事です。

子どもの面倒を見るだけでなく、子どもと遊んだり、子どもの感性を育てたりするのも保育士の重要な仕事となります。

保育士は女性が多い職場で、結婚したり出産をした後でも、そのまま継続して働く方が多い仕事です。

一昔前は「女性の職場」というイメージが強かったと思いますが、今では男性の保育士も増えています。

また、子どもに対しての対応だけではなく、保護者に対する子育てのアドバイスを行ったりと、子育て全般の支援をするという役割もある仕事です。

保育士が働ける職場は、保育所だけではない

保育士という名前を聞くと、保育園で働く保育士がパッと思い浮かびますよね。

しかし、保育士が活躍する現場は、なにも保育所だけではありません。

例えば、親族や保護者がいない幼児、または保護者が亡くなったりして育てるのが困難になった幼児が預けられる、「乳児院」で働く保育士もいます。

冒頭でも紹介した「児童養護施設」は、乳児を除く18歳以下の子どもが入所している施設です。

児童養護施設は保護者がいないという理由以外に、保護者からの虐待を受けたという子どももいます。

児童養護施設で働く保育士は、より子どもに対して慎重に接する必要があります。

その他、障害者施設や、病院で子どもの援助をする病棟保育士など、保育士はいろんな職場で重宝されている仕事だと言えるでしょう。

保育士に資格は必要?

保育士として働くには、保育士の国家資格が必要になります。

保育士の資格を取得する方法は、専門学校や短大、大学の保育士養成課程を修了する方法と、保育士試験を受験する、という方法があります。

一般的には、大学で保育士課程を修了した方が専門学校や短大を修了した方よりも給料面で優遇されるという傾向があります。

保育士の試験は、養成課程を修了していなくても、誰でも受験することが可能です。

しかし、保育士試験の合格率は、10%前後と非常に狭き門となっています。

ちなみに、保育士の資格を持っていても、幼稚園では働くことができません。

幼稚園児の先生になるには、「幼稚園教諭」の資格が必要です。

まとめ

少子化で子供の数が減少している為、保育士の需要が減っていくと考えている人もいますが、それは大きな勘違いです。

なぜなら、昔と比べ夫婦共働きが増え、おじいちゃん・おばあちゃんと同居しない、核家族が増えたからです。

それ以前に、もし子供を預けたいと思っている人が減っているのなら待機児童問題は起きませんよね。

寧ろその反対で、保育士は需要が高まっていくことが予想される仕事なのです。

派遣会社ランキングでは、保育士の特徴以外にも様々な職種について紹介しています。

詳細をもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから