今、パート雇用では、主婦が求められています!

主婦のパート雇用をターゲットにした企業が増えている

正社員や派遣社員、アルバイトやパート雇用など、今雇用形態を問わず人材が不足しています。

そんな中で、外食チェーンの大手企業、さらにはコンビニエンスストアなどが、主婦のパート雇用をターゲットにした採用策を提案しています。

大手外食チェーンの「日本マクドナルド」では、主婦へのパート雇用採用策として、全国で仕事の体験会を開催しました。

また、大手のコンビニチェーンである「ファミリーマート」も代表取締役自らが出席し、主婦のパート雇用に向けた採用説明会を実施していたり、「セブンイレブン・ジャパン」ではパート雇用を考慮し、店舗内に保育所を作る計画をしています。

この様に、主婦はパート雇用というジャンルでは主戦力として期待されており、それに向けたあらゆる策が施行されています。

日本マクドナルドの「主婦向けクルー体験会」

「日本マクドナルド」が行う主婦向けの仕事の体験会は、「主婦向けクルー体験会」と題して、ハンバーガーを作ったり、接客を行ったりという体験をしてもらう機会を設けました。

日本マクドナルドは、全従業員のうち約2割が主婦のパート雇用となっています。

シフトの自由が効きやすいなど、主婦でも働きやすいという社内環境をアピールすることで、主婦の採用を増やそうと動いています。

共働きの世帯が非常に多くの割合を占めている昨今、主婦が日中の時間を利用してパートに出るというケースが多いです。

長時間勤務も可能な場合が多い反面、子どもの送り迎えなど、どうしても働けない時間がある主婦ですが、パート雇用での需要はとても高いです。

特に今、外食業界で主婦のパート雇用を重視している企業が多いです。

企業と主婦、どちらの需要も満たしている

日本マクドナルドが行った体験会に参加した主婦は、「仕事のマニュアルが分かりやすく、自分でも働けそうな職場だと思った」という意見だったようです。

セブンイレブン・ジャパンの保育所併設は、子育てをしている主婦が働きやすいようにと考えられた策です。

東京、広島の2店舗で実施され、主婦のパート雇用が増えれば、どんどん全国に拡大されていくことが予想されています。

まとめ

働きたいけど、条件がなかなか合わないという主婦の方も多いと思います。

しかし実際は、主婦の需要が多く、主婦に向けた環境づくりをしている企業が多いというのが現状です。

派遣会社ランキングでは、派遣でお仕事を考えている人たちに有益な情報を定期的に更新しています。

その他の情報に関してもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから