外国人派遣社員のエンジニアが増えているのはなぜ?

外国人派遣社員のエンジニアは日本人エンジニアの不足により需要が高い

派遣社員エンジニアは、人材の高齢化が進んでいて、人材不足に嘆いている業界の1つです。

そんな中、各人材会社ではアジアなどを中心に、外国人派遣社員のエンジニアを大量に採用しています。

人材会社が外国人のエンジニアを正社員として雇い、外国人派遣社員のエンジニアとして他の企業に派遣しているのです。

現在国内に在住している外国人のエンジニアは約50,000人と言われており、年間で1,000人規模ずつ外国人派遣社員のエンジニアを増やして行こうという動きが進んでいます。

日本国内のエンジニアが不足しているため、外国人派遣社員のエンジニアを多く集める動きが加速しています。

また、外国人エンジニアにとって、アジアの理系学部出身で技術を持っている人は、日本において好待遇で働けるというメリットがあります。

こういった需要と供給のバランスに着目して、各人材会社は大量採用に踏み切ることになりました。

人材会社も力を入れて外国人エンジニアの採用に動いている

外国人派遣社員のエンジニアは、先ほど紹介したように、人材会社が正社員として雇い、他の企業に派遣社員エンジニアとして派遣されるのが一般的です。

機械や電機などの技術者以外にも、ITに長けた外国人の派遣社員エンジニアを増やす動きもあります。

2017年度に50人の外国人エンジニアを採用した企業では、年間で6割増の130人を目標に外国人派遣社員のエンジニアを獲得しようとしています。

中国やベトナムなどに直接出向き7ヶ国のアジア地域で面接を行うなど、外国人派遣社員のエンジニア獲得に尽力しています。

日本人エンジニアと同じ待遇で働いてもらうのが特徴

これまで、外国人を雇用することの目的は、主にコストの削減でした。

エンジニア業界でもそれは同じで、開発をオフショアリングすることによって、コストの削減を図ろうとしていました。

しかし、人材会社が力を入れている外国人派遣社員のエンジニアについては、労働条件が日本人と同等だというのが特徴です。

業務内容や待遇を、日本人と外国人派遣社員のエンジニアで一致させることによって、日本で働きたいという外国人を多く採用できる環境作りをしているのです。

まとめ

外国人派遣社員のエンジニアが日本のエンジニア不足を救う救世主になる日は、そんなに遠い将来ではない様な気がします。

派遣会社ランキングでは、派遣でお仕事を考えている人たちに有益な情報を定期的に更新しています。

その他の情報に関してもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから