10月から派遣料金が上昇しています!

派遣社員に対しての待遇が良くなってきています!


派遣会社は、派遣先企業として契約している企業に対して、定期的に派遣料金に関しての交渉をしています。

派遣会社が契約先の企業から受け取っている派遣料金の平均水準が、2017年10月からこれまでより2%~5%程度上昇しました。

2020年に開催される東京オリンピックに関連している事業として、人材不足が不安視されていた製造業、建築業が中心となり、非常に大きく派遣料金が上昇しています。

その事業の中でも、エンジニアなどの専門職は、これまで派遣料金が非常に伸び悩んでいました。

各人材派遣会社の扱うエンジニアなど専門職の派遣料金も、最大で10%上昇させることに成功しています。

大手人材派遣会社「パソナ」では多くの派遣先企業で派遣料金アップ

大手人材派遣会社の「パソナ」は、契約している約20%の派遣先企業で、派遣料金の向上に成功しています。

上昇の大きな内訳を占めているのが、基本的な事務作業などを自動運転化する「RPA」の管理などを担当する専門職です。

これからもっと需要が大きくなると予想されているRPA担当の社員は、1時間の料金が2,400円と非常に高い金額に上昇することが決まっています。

需要の多い一般事務は少し苦戦している


派遣業界では、非常に人気の高い職種として知られている一般事務。

求人倍率も非常に高いことで有名ですが、今回の派遣料金の見直しでは、少し伸び悩んでいいます。

一般事務が、派遣先企業の約8割を占めるほど、一般事務に力を注いでる「リクルートスタッフィング」でさえ、派遣料金の上昇は3%程度に留まっています。

これは、先ほどのRPAの将来性も関係しているデータと言えます。

RPAが担うのは、現在一般事務で行われている伝票整理などの比較的簡単な事務作業です。

これからRPAの導入が活性化していくことを考えると、一般事務の現場で人員はますます需要が少なくなってくる可能性もあります。

現在の一般事務の求人数が少なくなれば、競争はより激化することも想像できる状況と言えるでしょう。

まとめ

政府が着々と進めている「働き方改革」の一環として、これまで正社員が担ってきた職種を、派遣社員に切り替える企業も増加しています。

これからも、派遣料金は上昇を続けてくことが十分に予測できます。

派遣会社ランキングでは、派遣でお仕事を考えている人たちに有益な情報を定期的に更新しています。

その他の情報に関してもっと知りたい方は、是非、ご覧になって下さい。

貴方に合った派遣会社は?専門家に相談はこちらから